雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

木製玄関ドアの塗り替え方法

投稿日:

玄関の木製ドアを塗り替える場合、塗りかえの前に注意しなければならないのは、今までどんな手入れをしてきたかです。玄関の木製ドアは日に当たると、ニスなどが劣化してヒビ割れたり、はがれたりし、下のほうは雨がかかるのでシミになってきます。まず全体によくサンドペーパーをかけますが、シリコン系のワックスやつや出し剤を使っていたとしたら、塗料がのりませんから、自分で塗りかえることはできません。

専門家に相談してまかせるしかありません。ニスで仕上げる場合は、ドアを好みの色に着色します。水性ステイン(ポアステイン、濃縮ステインなど)を使うのですが、色の種類もそろっていますし、水でうすめて濃さを加減することもできます。ハケで塗るだけだとムラになりますが、布で塗りひろげたり、ふきとったりするのですから、ムラになる心配はありません。

輪をかくようにしながら塗りひろげていく

これをハケで塗り、柔らかい布をまるめて、輪をかくようにしながら塗りひろげていきます。乾いてから、色がうすいとか、シミがまだ目立つといったときは、もう一回着色を重ね、好みの色になるまで着色して下さい。サンディングブロックに巻きつけてサンドペーパーを使うのですが、まず最初は粗目のものを使わないと、ニス面になかなかサンドべーパーがかかりません。細かい部分は、かまぼこ板や棒にサンドペーパーを巻きつけるなどの工夫をして下さい。粗いものを使い、最後に細かいもので仕上げると考えたほうがいいでしょう。

木目にそって塗り、溝になっているところは、ニスがたまったりしないように注意して下さい。着色剤が完全に乾いてからニスを塗りますが、ハケは必ずニス用の白毛の柔らかいハケで塗って下さい。一回目はうすめ液を一〇%ぐらい入れ、少しうすいニスのほうが塗りやすいでしょう。これが完全に乾いたなら、二回目のニスを塗ります。ニスはうす目のものを二回、三回塗るほうが塗りやすく、ムラにもなりにくいということ知っておくといいでしょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ドアクローザーの調整方法

・ドアクロザーの速度調整 ドアクロザーは、使っているうちにそのスピードが、速くなったり遅くなったりすることがあります。これは、ドアクロザー本体の側面などに付いている速度調節ネジで直すことができます。そ …

no image

不用品の処分候補は1年以上使ってないもの

・一年以上使ってないなら不用品と考えよう 処分する候補の一番手は、箱に入ったまま、一年以上も手つかずになっているもの。結婚式の引き出物や景品でもらったマグカップ、百円ショップでつい買った器など、いつの …

no image

排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納

・排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納 段ボールや木の板を、トイレットペーパーの直径より少し長いくらいの正方形に切って、中心に包装紙を巻いてあった長い紙筒をくっつける。これを配管脇のスペースに …

no image

フキンの整理整頓

冬には、ふきんの整頓をします。ふきんは毎日使っているはずなのに、なかなか整理整頓されないモノです。古びたり、汚れたり、ほつれたりしても、なお使い続けてい人も多いはず。最近では、ふきんかけを見かけること …

no image

鉢植えの旅行中の裏ワザ的水やり方法

・お出かけOKの水やり ペットボトルを使えば大丈夫。旅行などで家を留守にするときに頭を悩ませるのが、プランターや鉢植えの水やりだ。ペットボトルのフタのまん中に小さな穴をあけて、プランターの端っこに斜め …