雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

モデルたちが最後のウォーキングをし挨拶に登場すると

投稿日:

彼はフロアにたむろする各派閥に近寄り、少なくともそれぞれひとりずつから熱い抱擁を受ける。一方では、ミシェル・ベへナーがマイクを握り、カメラマンを従えて会場を練り歩きながら、セレブや有名エディターを探している。
有名カメラマンのパトリック・マクマランが粋に遅れて登場。ニューヨークのパーティ・シーンの華となった、ファッショナブルなセレブでこの人に撮られていない人はいない、というほどの人物である。今日のお召し物は?BCBGのどんなところがお気に入りですか?

モデルたちが最後のウォーキングをし、アズリア氏が挨拶に登場すると、観客から拍手。それから部屋中の人が出口に殺到する。天使みたいなシルクのスリップとびったりしたスウェードのパンッを身に付けたゴージャスな若い美女たちが、列をなしてランウェイを歩いてくる。で、一〇分後にはもう終わり。ほぼ一時間遅れ(まあそんなものだろう)の七時五〇分に、照明が落ち、深いベース音がスピーカーからボンボン響き始める。

堂々として臆することがない

ベへナーは、ファッション誌の写真の他にスポーツ・イラストレイテッド誌の水着特集号の写真が有名なモデルだ。まるでエルサ・クレンチ気取り。何よりいいのはカメラ映りがいいことだ。訓練を積んだジャーナリストでもファッション専門家でもないはずなのに、このイギリス美人、堂々として臆することがない。

二十五年ほど前までは、ファッションといえばまず服ありき、だった。ファッション・ショーのテレビ中継なんてなかったし、そもそもショー自体、雑誌編集者や新聞記者、店のバイヤーが出席するもっとわかりやすいものだった。ウイメンズ・ウェア・デイリーやヴォーグハーパース・バザーといった老舗のファッション誌ならともかく、エンタテインメント系雑誌や一般の刊行物でそのシーズンのスタイルにお目に掛かることなんてまず考えられなかった。そして、日常の生活をファッションのイメージ(と密かなる広告)潰けにしているのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

Tシャツの選び方のポイント-首の幅くらいの深めのUネック

モデルのような女性なら話は別ですが、一般の大人の女性なら、襟に開きのあることが、Tシャツ選びのポイント。女性は三十歳を過ぎると、体重は増えなくでも、二の腕や背中、わき腹などに、うっすらと脂肪が増えてい …

no image

首のケアなどをクリームなどでしっかりと行う

・首にも顔と同じケアをしてあげる できれば、歳を重ねでも胸元の開いたファッションを楽しみたいので、季節を問わず、ボディケアは欠かしません。 といっでも、特別なケアをするわけではなく、朝晩のスキンケアの …

no image

思い込みが激しい人はオシャレの幅を狭めてしまう

・思い込みは、おしゃれの可能性を狭くする 先日、あるショップのイベントで一日販売員をしたときのことです。一見、コンサバな印象ですが、実は身長も高く、大人っぽい顔立ち。フレアスカートに、モへアのニット、 …

no image

服の買い物で失敗しないための実践的な方法

本気で買い物をするときには、前日の夜から自分を盛り立てることが重要。本気の買い物の日は、なるべく一日を自分のためだけに使えるよう調整します。翌日は、しっかり朝ごはんを食べ、きちんとお化粧をし、まず美容 …

no image

完璧なワイシャツの袖口とは?

・完璧なワイシャツの袖ロとは? ビジネスマンのワイシャツ選びに欠かせない条件のひとつに、シングルの袖口であるかどうかということがあります。つまりフレンチ・カフ(ダブル・カフ)は注意深く避けなければなら …