雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ダイエット

モデルのような歩き方になるにはレッスンしかない

投稿日:

よく、ヒップを上げるために、脚を後ろに蹴り上げるエクササイズを行っている方を見かけます。でも、それではヒップ下部にある筋肉を刺激しているだけで、効果としては、太ももとヒップの境目を作るのみなのです。脚の後ろ側にある筋肉がヒップ周辺にある大小%個もの筋肉に繋がり、連動運動を起こすことで、よく働くようになる。

普段から脚の裏側を使い、ヒップ周辺の筋肉すべてを使っているモデルたちは、ヒップの形が違って当然。でも、皆さんはどうですか?そう、ヒップの形がモデルと違うのは、遺伝子が違うだけではないのです。あなたとは、骨格のコントロールと筋肉の使い方が違うだけ。

中央に高さのあるヒップを作るには、ヒップの周辺にある大小の筋肉、ひとつひとつを使い、ひとつひとつが大きくなる必要がある。一番奥にある小さな筋肉から大きくなっていけば、一番、筋肉が集中しているヒップ中央である仙骨あたりに高さが出てくるのです。

自分の歩き方をちょっと比べてみてください

モデルの歩き方と、自分の歩き方をちょっと比べてみてください。体重が前と後ろのどちらにかかっていますか?街中では、前かがみになり歩いている女性を多く見かけますが、それとは一線を画すモデルさんたちは、歩くときに後ろ側に体重がのっているでしょう。モデルさんのスタイルを見て、「私とは、もともとの身体の作りが違う」という声を多く聞きます。当然、両親や兄弟の身体も皆さんとは違うでしょう。でも、彼女たちのようなボディラインに近づくことは、決して不可能ではない。

ジムでトレーニングをされている女性たちを見ていると、どうしても脚の前側にある大きな筋肉を使い、ウエイトを持ち上げている方が実に多い。でも、スラッと細い脚と高さのある美尻を作るには、身体の前側の筋肉を鍛えてしまうのは基本的にはNG。逆側、脚の裏側を刺激し、使うことが大切なのです。誰もが、彼女たちのようなボディラインに一歩一歩近づいていくことが出来るのです。ちょっとの差が、実は脚だけでなく、ヒップの美しさを作る決め手となるのです。

良いトレーナーとはどんな人か?

ダイエットトレーナーの選び方で気をつけたいこと。堂々と間違った知識を披露するトレーナーはさすがにいないと信じたいのですが、さっき話した内容と、今話した内容がチグハグや、難しい専門用語を並べてトレーナーのショウタイムになっているという場合も危ないタイプでしょう。

自分がトレーナーの言っていることが理解できたか?スムーズにわかり易く説明してくれたか?がチェックポイント。意外とこの。伝える力、が上手でないトレーナーがいるのですが、あなたがトレーニングで追い込まれたとき、トレーナーの話していることが理解できないと、身体は疲れて、頭が回らない状態なので、かなりイラッとするでしょう。また、その説明がキチンと理論立っていることです。

最初にイメージの誤差をなるベくなくしておくことが大切です。チェックとしては、加えてファッションセンス、爪、声のトーンなどもあります。相性でもあります。あまり、厳しいチェックにこだわらず、この人、感じいなあ、というインスピレーションに任せるのも一手です。

ムキッと筋肉が出るほど鍛えた身体もあれば

ムキッと筋肉が出るほど鍛えた身体もあれば、脂肪を残したままラインを整えた身体もある。できれば、理想のビジュアルを写真などで用意し、トレーナーと仕上がりのイメージを共有するのがオススメです。放つておくと、トレーナーの好みにより、トレーナーが好む身体に向かう可能性は実に高い。あなたがなりたい自分、理想のビジュアルイメージをトレーナーも共有してくれることです。「引き締めたい」「痩せたい」という言葉でイメージできる身体は無数にあります。

また、トレーナーは、ジム内を目的のマシン、もしくはストレッチマットのほうへ歩みを進めながら、その方の声のトーン、顔色、笑顔、表情、体臭などをくまなくチェックしていくそうです。会話は今日の体調や今週一週間の身体の具合、どんな生活をしていたのか?を聞いているのです。

ウォーキング、栄養管理は日々の積み重ねです

ウォーキング、栄養管理は日々の積み重ねです。
美の寿命や栄養をコツコツ自分で作って伸ばしていくことは、美の貯金と呼ばれています。美の貯金と思えば、努力も励みになると思いませんか?姿勢やウォーキング、そして栄養管理は、日々の積み重ねです。すぐに結果が出なくても、今やっていることは、確実に美の財産として将来に貯金されるのです。

たとえば、一般的な女性は1日平均3000歩、歩くといわれています。その1歩ずつを無意識に歩くのか、それとも美の貯金と思って肩甲骨を意識して歩くのか、そこが大きな違いなのです。360日後には美の貯金に確実に違いが現れます。キレイになりたい!という思いは、とてもポジティプでよいこと。だから、キレイを目指す目的は、人のためでも自分のためでも何でもいいと思うのです。

エステに賛沢に通えるお金持ちの人が、キレイなのは当たり前。でも、エステなどで、人の手を借りて作り上げた美しさは、いずれ人の手なしでは維持できなくなると思うのです。肩甲骨ダイエット&ウォーキングは、気持ちも前向きになります!甲骨ダイエットの魅力は、なんといってもお金がかからないこと!いつでもどこでも、誰でも、意識するだけで実行できます。

3000回キレイになるチャンス

目指すはピンヒール。そのために美の貯金をしています、というある女性。あなたは、将来に向けてどんな美の貯金をしたいですか?美の寿命を伸ばすも縮めるも、自分次第。小さな積み重ねが大きな違いになるのです。3000歩なら3000回キレイになるチャンスがあるのに、それをゼロにするのか、1歩1歩をチャンスにするのか。

日常で、自分で努力して積み重ねてきた美の貯金って、想像以上に将来に大きな差を生むんです。人間、難しいことは毎日続けられません。その点、肩甲骨を意識した姿勢もウォーキングも、簡単だから誰でも続けられるのです。
たまにスペシャルケアで人の手を借りるのはよいことです。でも、全て人まかせにするのではなく、自分で努力した上でじゃないと意味がないと思うのです。人にやってもらうのと、自分で意識して作り上げた筋肉では、質が違ってきます。

ウォーキング-痩せる歩き方と太る歩き方

歩き方には太る歩き方と、やせる歩き方の二通りがある。毎日毎日の積み重ねで、知らず知らずのうちに太る歩き方をしている。それを変えるだけで、わざわざジムに行かなくても、過激な運動をしなくてもダイエットはできる。
正しい歩き方を教えていないから、いまだに正しい歩き方は知らない。でも歩けるから、歩き方なんて習わなくても知っているとつい思いがちである。

ドイツは、足の健康についての医学が一番発達していて、正しい歩き方の練習を小さいときからちゃんとやっている。僕は小学校時代、行進の練習が嫌いだった。小学校の行進の練習というのは、正しい歩き方の練習というよりも、みんなで一緒に歩く練習だった。

通常の人は、せっかく歩いているのに、それが運動になっていない。もしくは、ちょっと歩くということをサボっている。外国では歩き方のトレーニングをするが、日本では歩き方のトレーニングはしない。せいぜい運動会の行進の練習くらいだ。もともと正常だった状態を思い出していくことが、ダイエットだ。歩き方を変えるだけで、やせる。

歩き方をちょっと変えるだけで

どんなに運動をしていない人でも、毎日歩かない人はたとえば、トイレに行くだけでも歩かなければならない何らかの形でちょっとは歩いている。その歩き方をちょっと変えるだけで、それを軽い運動にすることは、いくらでもできる。意外に思うかもしれないが、軽い運動だけでも、カロリーを消費することはできる。

もっと言うと、すわり仕事をしているデスクワークであっても、パソコンの入力作業などではカロリーを消費するのだ。パソコンの入力作業程度では、たいしたカロリーは消費できないが、長時間やることで多少のカロリー消費にはなる。

できることなら、家にいるときも、少し動かないといけない状況を作ったほうがいい。テレビのチャンネルを変えるリモコンの置く場所を遠くするとか、色々工夫して、動かないといけない状況を作ると、カロリーを消費することができる。

ウォーキングを始めよう-その利点と効果

・まずはウォーキングから始めよう

ジョギングよりむしろ、歩くほうが運動不足解消のための運動として適切のように思われます。その利点をあげると、以下のように要約できるでしょう。

・歩は走に比べると、運動中の心拍数が上がりにくい
・歩は走に比べると、下肢の関節や抗重力筋にかかる負担が少ない

近年、運動不足解消のためにジョギングを行なう人が多くなっています。しかし、中高年で正しい走り方を身につけていないために、ジョギングを行ない膝や踵などを故障する人が後を絶ちません。歩の場合は、常に片足が身体を支持しているために、脚の接地時にかかる重力負荷が小さく、そのために下肢が故障しにくいのです。ジョギングの仕方によっては、熟練者においても虚血性心疾患などの事故例も報告されることから、運動不足解消の運動としては、歩のほうが好ましいものといえるのです。

成人男子が1日で必要な目標運動量は300キロカロリーといわれています。これを時速5・4キロメートルの速歩で行なっても70分必要になります。ただし、同じ70分のウォーキングをしても、早足とブラブラ歩きとでは当然カロリーの消費量が違ってきます。

20分以上のウォーキング

ただ、20分以上のウォーキングは脂肪を燃焼するといわれています。しかし、20分間のウォーキングでははっきりいって運動量不足です。ある調査によれば、分速142メートルを分岐点として歩のほうが走よりも酸素消費量が高くなるといわれています。

膝や踵などの故障は、重力が過大にかかると起こりやすくなります。このことは酸素消費量と主観的な運動強度との関連性が高いことから、分速142メートル以下での身体移動は歩の方が楽であり、走のほうが心拍数が高くなりやすいことを示してます。

ウォーキングを行なうときは早足、が基本、これが効率のいいやり方です。時速5・4キロメートルというのは、かなり意識的な早足です。普通のブラブラ歩き(時速3キロメートル)だと、300キロカロリーを消費するのに2時間近くかかってしまいます。

通勤を徒歩に変えるだけで少し痩せることが可能に

私の自宅から勤務先までは歩いて通います。また、通勤にどうしてもクルマを使わなければならないときは特別に時間をつくって歩きます。こうして歩く癖をつくると、どこへ行くのにも歩いて行きたくなります。出勤時は何かとせわしいので最短距離を通って歩きます。しかし、帰宅時にはかなり大回りをして帰ります。乗り物を使うのがもったいない気分になるから不思議です。こうなればしめたものです。歩くことの意識づけが、しっかりできた証拠といえるでしょう。

ダイエットとは直接関係ありませんが、歩くことにより、今まで見えなかった町の景色が見えるようになりました。
ダィエットのためのウォーキングがもたらした副産物です。気持ちにとてもゆとりが持てるようにもなりました。不思議なものですが、そんな景色を見ていると、なぜかとても落ち着いた気分になるのです。

不思議なもので、いつも車にしか乗らなかった時には見えなかった景色が見えるようになるのです。いつも車で通っていた道のはずなのに、知らないお店などがたくさんあることに気がつきました。歩き始めると少しだけ世界が変わってくるような気がしています。

最近少し身体を動かし始めた人の場合

過去にはあまりスポーツ経験はないが、最近少し身体を動かし始めた人の場合、このタイプの人は、ダイエットをする場合、一番スムーズにプログラムを消化できるでしょう。こんな人には、なるべく理論どおりのダイエット・プログラムを用意します。理論値をベースにした有酸素運動、筋力アップのトレーニングをしていきます。ただし、いきなり高い強度から始めると故障をしやすいので、徐々に強度や運動量を上げていくことが大切です。

この人たちは最近自分の健康に対して問題意識を感じ始めている人だからです。いわばこの人たちは、頭でスポーツを始めた人、つまり、自分にとっての必要性を感じて始めた人ですから、理屈をわかりやすく理解することが、スムーズなダイエットプログラム実行につながるのです。

関節を回すといつもと違う身体の違和感に気づく

関節をほぐしておくと、正しい姿勢をとりやすくなり、歩行がスムーズになります。毎朝のスタートに、就寝前に。関節まわしを毎日やります。自分の身体と対話するつもりで、朝晩の洗顔と同じように、毎日やってみてください。毎日の習慣にすれば、いつもと違う身体の違和感に気づいたりと、身体のコンディションを把握することにもつながります。

誰でも簡単に正しい姿勢をチェックできる、壁立ち法をお教えします。自分はどこが弱いのか、どこを緊張させると正しい姿勢になるのか。自分の身体のクセを理解して、正しい姿勢の感覚を身体で覚えていきましょう。ここでも、姿勢は足元から整えていくのが基本。下から順に整えたら、肩甲骨を引き寄せて、そのまま正しい姿勢を30秒キープしましょう。

基本の歩き方をマスタするために、スニーカーのように接地面が平らな靴を履いたときの歩き方を説明します。背中で肩甲骨を寄せる意識を持って歩いて下さい。それだけで、ダイエット効果がバッグンなのです。ポイントは、肩甲骨。基本をマスターしたら、パンプスでの女性らしい歩き方にも挑戦してみましよう。

後ろ姿を極める!美姿勢キープで、身体を締めよう

自分の後ろ姿にも意識を向けましょう。後ろ姿美人を目指す後ろ姿って、案外、人の目にさらされることが多いもの。肩甲骨を引き寄せ、腹筋を使って上体を引き上げていれば、その時間が貴重なエクササイズタイムになります。どんなにおしゃれな装いをしていても、姿勢が悪いとせっかくの印象が台無しです。

今あなたはどんな姿勢をしていますか?さあ、今すぐ、自分の姿勢を意識してみましょう。何気ないことだけど、そうした意識の積み重ねが、あなたを美しく磨き上げるのです。24時間正しい姿勢でいる必要はありません。気づいたときに美姿勢を心がければOK。普段の何気ない動作でも、肩甲骨と姿勢を意識すれば、毎日の積み重ねによって効果の高いエクササイズになります。

ジョギングで鍛える効果は2つある

トレーニングをしていないと、1回の呼吸で取り入れることのできる酸素の量が少ない。ハアハア言うのは、酸素を吸収するのが間に合わないからだ。練習していけば、その人の体質とは関係なしに、どんどん酸素を吸収する力がついていく。

ジョギングで鍛えられるものは、二つある。一つは、酸素を吸収する能力が鍛えられる。同じ1回の呼吸から酸素を自分のカラダに取り入れる力は、トレーニングでどんどんついていく。心臓が強くなるという言い方をするが、正確には心臓が強くなっているのではなく、酸素を吸収する力がついていくということだ。もう一つは、走るために筋肉を使うから、歩くよりはバウンドする分、筋肉が鍛えられる。しかし、その分ちゃんと正しい走り方をし、正しい靴を履いていないと、逆に筋肉を傷めることがある。

トレーニングしただけ、どんどん強くなる。人間は一生のうちに呼吸する回数は決まっている。できるだけ呼吸を少なくしたほうが、長生きできる。つまり、1回の呼吸で取り入れられる酸素の量を多くしたほうが長生きできるちょっとした運動でハアハア言う人は、回数を多く使ってしまっているから損だ。

鍛えれば鍛えるほど伸びていく

運動神経というのがあって、いわゆる器械体操やマット・跳び箱・鉄棒。これはなかなかトレーニングでは鍛えにくい。運動神経が鈍いと言われるのは、先天的なものがあるけれども、酸素吸収能力に関しては、鍛えれば鍛えるほど伸びていく。マラソンやランニングには、運動神経は関係ない。

長い時間走れるようにするには、怨分走って5分歩くようにする。何キロ走るかは関係ない。ホノルルマラソンでも青梅マラソンでも、後ろのほうの人は歩いている。歩いていてもいいのだ。歩いている人を責めてはいけないし、歩いていることがみっともなくなってはいけない。

フルマラソンというと、とんでもないと思うかもしれない。でも、フルマラソンも練習次第で、そんなに難しい練習をしなくてもちゃんと走れる。最後のゴールまで行くことが大事なのだから、途中で歩いてもいい。

ランニングで足が筋肉痛になってしまいました

・ランニングで足が筋肉痛になってしまいました。今までなんともなかったのに、脚が筋肉痛になりました。

腰で重心をとらず、重心を胸に置いてください。こうすることで、下半身がラクに動くようになるはずです。身体はつながっているので、別の部位からアプローチすることも一つの手なのです。下半身で重心を取っていると、足腰の動きが不自然になりがち。下半身の動きがおかしいときは、上半身を見直してみてください。普段使っていない筋肉が使われた証拠です。それだけ、無意識のときとでは歩き方が違うのです。正しいフォームを意識して歩いた初日は、かなりの人が筋肉痛になっています。

・歩いていると、いつも片方の足でつまづきます。

骨盤がゆがみ、左右差がある可能性があります。骨格がずれたまま歩くと、身体の余計なところに負担がかかり、歪みの悪化につながります。もしかすると、脚の長さに左右差があるかもしれません。一度専門家に診てもらい、骨格補正をしてからのほうがよいでしょう。

脂肪燃焼に効果的な歩き方

・脂肪燃焼に効果的な歩き方はありますか?

たくさん食べたから消費しなくちゃ!と、食後すぐに運動をされる方がいますが、食後だと、食べたもののエネルギーを先に消費するので、脂肪が燃えるまでに時間がかかります。血糖値が低いときに歩く方が脂肪は燃えやすいのです。ただし、無理なダイエットのために低血糖でフラフラの人が、空腹時に歩くのは危険!

ゆっくりでもいいから、上体をしっかり引き上げて、筋肉を正しく使ってください。歩幅を広くして速度を上げると、運動強度は高まります。でも、大事なのはフォーム。強度を上げようと無理して歩くと、筋肉が正しく使われないばかりか、腰やヒザを痛めてしまいます。

競歩の選手は相当なトレー二ングを積んでいるから、あの歩き方ができるのです。素人が真似をすると故障につながります。脂肪燃焼効果を期待するなら、運動は食後より食前が理想的です。消化にも悪いので、食後20分は運動を控えて。体調の悪いときは、無理をしないで。良質なタンパク質や野菜を多めに、バランスのとれた食生活を心がけてください。

ジョギング中に突然死!?走る=健康、神話の崩壊

・腕立て伏せ、腹筋運動、ジョギングーダイエット運動の常識のウソ

とにかく、スリムな身体と健康を維持するためにはこれが一番と、みんながジョギングに精を出しました。そういえばクリントン大統領も、ジョギング大好き人間として有名ですよね。80年代に入ると、アメリカではジョギングブームが到来しました。ジョギングさえしていれば健康は維持できるといった神話も生まれました。

週3回以上、1回につき20分以上のジョギングをするとダイエットに効果があるともいわれています。
ジョギングをすると、脂肪が燃焼するという有酸素運動特有の効果が得られます。この効果はジョギング開始後約20分で現われるといわれています。

毎日ジョギングを続けることによって、スマートな体型を維持している方も多くいらっしゃることでしょう。確かに、ジョギングに減量効果があるというのは、必ずしもウソではありません。減量運動といえばジョギング、と思う方は非常に多いのではないでしょうか。

ジョギング中に突然死

腕立て伏せをしても腕の脂肪が落ちることはありませんし、腹筋運動をしてもお腹の脂肪が落ちることはありません。それらの運動だけで、身体中の脂肪が落ちるということはまずないのです。このジョギングというのが結構くせもので、方法を一歩間違えると、減量どころか健康を損なってしまう可能性があるのです。

しかし、アメリカでジョギングの教祖的存在だったジェームス・フォックスが、ジョギング中に突然死(死因は心筋梗塞)してから状況が変わってきます。また、都内のスポーツクラブで、約3000名を対象に運動中の心電図をとったことがあるそうです。その結果、驚くことに、約3分の1の方が心臓に何らかの異常所見をお持ちだったといいます。

ダイエットに有効であるといわれる有酸素運動も、やり方を誤ると大いに危険な運動となり得ることを知っておく必要はあるでしょう。体調の悪いときにジョギングを行なうと、突然心臓が苦しくなったりすることが起こるのです。そもそも走るということは、私たちが思っている以上に身体に負荷を与えます。

おしゃれな人の特徴-おしゃれでない人とどう違うのか?

おしゃれな人と、おしゃれでない人の差はあまりない。ダイエットをすると、おしゃれをしようという気持ちが起こる。その結果、ファッションセンスが磨かれる。チャレンジして、成功することも失敗することもある。そうしながらファッションセンスも磨かれていく。チャレンジしなくなった人は、もう絶対に成長しない。どんどんラクなほうへ、ラクなほうへと行ってしまうから、平気でゴムのウエストのスカートをはくようになってしまう。

おしゃれをしようと思う人と、どうせ私はおしゃれをしても、と投げてしまっている人との差は大きい。どうせ私はオデブだからという形であきらめてしまうと、チャレンジしようという気持ちがなくなる。おしゃれをしようという気持ちが起こらないと、ファッションセンスはどんどん衰えていく。

ファッションというのは、かなり体型とかかわっているから、わかりやすい。それだけでなく、絵のセンスや音楽のセンスも、ダイエットで磨かれていく。持久力と瞬発力という精神力があれば、何かにチャレンジしようとする意欲も湧いてくる。これはファッションセンスだけでなく、すべてのセンスに関して言える。

ファッションセンスというのは

ファッションセンスというのは、結局その人が何かにチャレンジしようという気持ちが起こるかどうかということだ。洋服を試着して、ウエストが入らないと思うと、試着するのがイヤになってしまう一度入るとわかると、あれもこれもいろいろ着てみようと思うようになる。

女優さんは、なぜ年をとってもいいスタイルでいられるか。いいスタイルを保つために、ちゃんと運動をしている。これは、人に見られる仕事だからだ。女優さんでなければ、人に見られないので平気かというと、決して、そんなことはない。カッコいいから買った服が着られなくなったら困るという意識や、ジーパンをはいたときのきついという意識をどこかに持っておかないといけない。

-ダイエット

執筆者:

関連記事

no image

ダイエットを続ける秘訣は遊び心-楽しむことが大事

・ダイエットの秘訣は遊びゴコロ 遊びだからこそ、こうも純粋に、しかも真剣になれるのではないでしょうか。そしてその遊び心こそが、勝利を目指す原動力になるのです。元来、スポーツは遊びが発展したものです。し …

no image

食べ過ぎ防止方法としておすすめなのはフェンネルハーブティー

・食べすぎ予防にフェンネルというハーブティーがおすすめ フェンネルは、インド料理屋さんで食後に出されることもあります。スパイシーな香りと、ほのかな甘味のあるお茶は、口当たりもよく飲みやすいハーブティー …

no image

過活動膀胱の症状の女性は多い

頻尿や尿失禁があると、それを苦に、外出を控えるようになる人も多いもの。生活の質を著しく下げる、たいへん不快な症状だといえます。女雄の頻尿や尿失禁には主に「過活動膀胱」と「腹圧性尿失禁」の2種類がありま …

no image

まいたけを酢に漬けて飲むと疲労回復と血液サラサラ効果

・酢との相乗効果で肥満を解消 近年の研究で、マイタケには強い抗がん作用があることがわかってきましたが、抗がん以外にも血圧の低下、血糖値の低下、肝炎の症状の改善、脂肪の燃焼効果、コレステロールや中性脂肪 …

no image

ヨーグルトや牛乳は実は太るらしい!?

子どもに牛乳・乳製品を与えると、それによって生じる粘液が耳にたまるのです。それが溶出性中耳炎です。中耳炎になる子どもは、牛乳・乳製品を多く摂取していますし、赤ちゃんのころは人工栄養(粉ミルク)で育って …