雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

モバイルを活用したビジネスを始めよう

投稿日:2015年2月18日 更新日:

ユーザーに最も近い媒体であるモバイルを効果的に活用すれば、ユーザーとのより深いコミュニケーションを実現できます。

・ユーザーのニーズとマッチングさせる

モバイルの特徴は、いつでも、どこでも閲覧が可能なことです。例えば、これからヨガの教室を始めたいと考えているユーザーの場合は、すでに入会済みのユーザーが外出時に確認したい情報は、営業時間の確認や他の店舗情報、今日のプログラムやトレーナーの情報などが挙げられます。

また、ヨガ教室の料金体系や場所、時間、プログラムの内容など一般的な情報を求めていると思われます。このように外出時を想定し、ターゲットとなるユーザーの生活や行動と自分のビジネスの接点はどこにあるのか、どのような情報を閲覧したいと思うのかを考察するとよいでしょう。

PCのように、会社や自宅で机に向っていなくても、情報が欲しいと思ったそのとき、いつでもどこでも、閲覧が可能です。このようなユーザーの利便性、利用シーンを具体的に考えながら、どのような情報であればユーザーは閲覧したいと思うのかを検討する必要があります。

モバイルSEOによる新しい流れ

・モバイルSEOによる新しい流れ

モバイル用の検索エンジンが進化していなかった時代は、公式サイトになるには、キャリア側の厳しい企画審査を通過しなくてはならず、その狭い門をくぐりぬけるには大手企業であっても困難な状況でした。ドコモやauなどキャリアの公式サイトに掲載されることがない限りユーザーを集客させることは難しく、公式サイトへの掲載は、モバイルビジネスを成功させるための絶対的な条件でした。

ところが2006年から各キャリアが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンをトップページに掲載するようになり、モバイルのSEOがにわかに注目を浴びるようになりました。モバイルを使ったインターネット利用率は年を追うごとに高まっており、モバイルという媒体はマーケテイングの方法としても無視できない存在になってきています。モバイルSEOにより、いままで集客が難しいと言われていた一般サイトにも可能性がでてきたわけです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

分かりやすいサイトを作ることが基本

ホームページはわかりやすさという点が大事だが、これはショップ側のお客の誘導がしっかりしていることを意味する。つまり、ページには流れがあり、お客もその関連性を持ってページをめくっていくが、リンク先のペー …

no image

テキスト広告の形式を知ろう-自ら作成していくことが重要

検索エンジンへの登録は、たいてい情報を登録するためのフォームがあるので、それほど難しいものではない。リンク集やHP紹介型のメールマガジンも同じようなものだ。しかし、メールマガジンの上段にあるような有料 …

no image

ネットプロテクションズのNP後払いサービスなどの決済代行サービス

インターネットを使った通信販売事業の活性化を受けて、決済業務を代行するビジネスが注目を浴びています。そのひとつが「ネットプロテクションズ」です。例えば「NP後払いサービス」は、コンビニ振込や郵便振替、 …

no image

SMO対策はコンテンツありきであることを認識しよう

・SMOはコンテンツありきであることを認識する SMOを成功させるには、まずはユーザーにとって価値のある魅力的なコンテンツは何であるかを考えることが必要です。まずは、コンテンツありきであることを理解し …

no image

P4P広告-検索連動型広告を活用すると相乗効果も期待できる

検索連動型広告、つまりキーワード広告とは、P4P広告またはPPC広告ともいわれており、同義語と最初のうちは考えておいてもいいでしょう。アドワーズ広告は、Googleを筆頭にgooやinfoseekなど …