雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー

投稿日:

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー。
2歳のマイク・バーラ少年にとって、アイダホのスネーク・リバーは忘れられない体験だった。水中に見た巨大なマス、水辺でくつろぐバッファロー達。ハイキングや自転車同様、カヌーでも、ツーリングのペースづくりは一番スローな者が担当する。後ろのほうでモタモタしていると追いつけないほど差が開くから、リードを任せるのだ。最後尾の係も決めておいて、はぐれる艇がないよう気をつけよう。

ある家では、息子の帽子嫌いにほとほと手を焼いていた。カッコいい帽子で子ども心をくすぐろうとしてもきっぱり拒絶され、おもちゃで釣るテもきかなかった。父親は息子に言い渡す。今後、フネで遊ぶときは、必ずそれをかぶるんだよ。なんとかこの子に帽子をかぶらせなければ!と悩んでいたとき、親戚がデイズニーランドのお土産に、ドナルドダックの帽子をくれた。つばのところが黄色いプラスチックで、ぎゅっとつまむとアヒルよろしくガーガーいう奴だ。

水辺の野生動物ウォッチング

アヒルに出会ったら、そのつばを鳴らして、やあ!って挨拶しないといけないしね。息子はそれから帽子を手離さなくなったという。いつアヒルに出くわすかわからないし、むこうでも、おまえのことをアヒル仲間、だと、ひとめで見分けるのに役立つだろう、と。ファミリー・カヌーツーリングカヌーほど、水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはない。だから子ども達も心から楽しめる。枯れ葉を踏んでどかどか歩くハイキングとは違って、音も立てずに水面を滑るカヌーなら、シカやカワウソにばったり出会う確率も高くなる。

カヌーに乗っている時間はせいぜい3時間、普通は1時間半か2時間で休憩をとる。ひとりで座れて、ライフジャケットが体に合うほど大きくなれば、赤ちゃんをカヌーに連れ出しても大丈夫。1歳の赤ちゃんは親の言っていることがよくわかる。しかもガンネルにもたれたり、立ち上がったりはまだできないのでやりやすい。小さな赤ちゃん連れのときは、温暖な季節の小さな湖ぐらいにとどめて、安全をはかるのが常識である。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

動物の足跡の見つけ方

・動物の足跡を見つける ノウサギは、ワシやタカ、キツネなどの肉食動物の主要な獲物であり、そのために個体数が多い。そして、体の大きさの割に行動圏が広いため、いろいろと出歩く。それで人間の目にも触れやすい …

no image

自転車でツーリング中の荷物について

ツーリング中の荷物は普通、フロントサイド、リアサイド、そしてハンドルバーに荷重する。ネジやボルトで組み立ててあるだけのラックは避けて、きちんと溶接してあるものを選ぼう。丈夫さが全然違う。経済的だからっ …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

子供が喜ぶキャンプという場所

数あるアウトドア・スポーツのなかで、子ども達が一番喜ぶのはやはりキャンプだ。日程を早めにきり上げて、キャンプサイトをたっぶり探検できるようにしよう。立つ鳥跡を濁さず普段の生活ではお目にかかれない、不思 …

no image

川などで子供と遊ぶ場合の楽しみ

川などで子供と遊ぶ場合、水温が十分暖かいこと、水が浅いこと、ウェアはナシあるいは濡れてもよいものであること、これがルール。水の量で楽しさが決まるわけではない。ウグイを追いかけ、カエルを捕まえようと夢中 …