雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

水を飲むと疲れるというのはウソ-スポーツドリンクを携行しておくと安心

投稿日:

最近の車は性能が良いので、ほとんどトラブルはありませんが、昔の車はエンジンのオーバーヒートがよくありました。人も運動すると発熱するので、蒸し暑かったりすると、オーバーヒートしてしまいます。昔は、登山中、水を飲むとバテると言われていましたが、現在では、登山中に、水を飲まないとバテるが、常識になっています。汗をかくとその気化熱が、上昇した体温を冷却してくれますが、汗をかいた分、水を飲まなければいけません。人も車のエンジンと同じように冷却水が必要ということです。

ある人が、山岳会の会員になっていて、新人対象の夏山縦走合宿のチーフリーダーに指名されました。先頭はサブリーダーのSが歩き、2番目に女性会員のA、3番目にもう一人の女性会員B、以下男性会員が続いて、ぼくは最後に付いていました。蒸し暑い日で、樹林の中、風も吹きません。南アルプスの荒川岳目指して、その日は転付峠を越えるべく沢沿いの道を歩いていました。

血液はドロッと

昼下がりの一番暑い時間帯だったと思います。当時は、登山中、水を飲むとバテるが常識だったため、水分不足で熱中症になった。Bが声も上げずに倒れたのです。Aの手を借りて、Bの体を冷やし、休ませたらすぐに気が付き、ほどなく元気になりました。このように登山中、水を飲まないと問題が起こります。水を飲まないと、持久運動の能力が低下します。血圧が低くなり、息切れ、頭痛、順吐感などをもたらします。汗をかいた分、血液中の水分量が減るわけですから、血液はドロッとなって、血液循環が悪くなります。

塩分など電解質の不足による症状とされていますから、スポーツドリンクを携行しておくと安心です。スポーツドリンクより水の方が飲みやすいという人もいます。そんな方は、梅干しを口に入れたり、ときには塩をなめたりして、体内の生理的なバランスに気を使って下さい。水を飲まずに山登りを続行すると、体温が上昇して熱射病になってしまうのです。だからと言って、必要以上に水を飲むと、汗をかいたことで失われた塩分の補充がされていませんから、太ももやふくらはぎの筋肉がつります。スポーツドリンクを飲んで口の中が甘ったるくなったら、お茶を飲んで口直しするとかすればいいと思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山での落雷対策や嵐の際の注意点

事故のリスクを最小限に抑えるため、知っておきたいことをあげたい。毎年落雷による死傷事故が起こっている。アウトドア人間には無視できない事実である。雷が鳴っているのに、そのまま子供との遊びを続けるのは危険 …

no image

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには、近所にいるイヌやネコの歩き方を見るのが一番。また牧場や、近年とみに増えた郊外の乗馬クラブの馬場、あるいは競馬場などへ行ってウマを眺めるのもよい。 足跡は動物 …

no image

白根山は日帰り登山におすすめ

低山は一般的な目安として、およそ一~二時間も歩けば山頂に達するのがふつうだろう。単純に標高だけでなく、山頂までの距離、つまりアプローチの長さにもよるが、中高年の体力でもまったく間題なく山頂に立つことが …

no image

熊に遭遇したら後ずさりしてこちらがゆっくり下がりましょう

長年山登りをしているとクマとの出会いもあります、とある登山家。一番よいのは鈴などをつけ出会う前に退散してもらうことです。クマに動く気配がなければ後ずさりしてこちらがゆっくり下がります。面と向かいあって …

no image

キャンプでのロープワーク

キャンプでは、ロープを強く張ってターザン遊び、木と木の間に、人がぶらさがっても、たるんだりゆるんだりしないロープの張り方を覚えよう。これは、いざというときの脱出用ロープとして使える。ビルとビルの間、ま …