雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ミサイル危機は人類史上、最も危険な瞬間だった

投稿日:

我々は今、とりわけ深刻かつ危険な時代に突入しつつあり、大量破壊兵器を入手できるかもしれない非情な敵、イラクを攻撃すべく準備を進めている。こうした危険多くの人々が指摘したように、安易に武力を行使した結果、長期的には更に深刻になるだろう。学識経験者を交えた対策委員会はこう結論した。

戦略アナリストのマイケル・クレポンは、さまざまな脅威を念頭に置きながら、二〇〇二年末の日々を一九六二年のキューバ・ミサイル危機以来、最も危険な時期と見なした。二〇〇二年二月に、原子科学者会報の有名な終末時計は午前零時に向けて二分進められた。それはブッシュ政権の国家安全保障戦略と核戦力体制の見直しが発表され、世界を震撮させる以前のことだ。現在の脅威に対する危惧は、現実の問題として世界中に広がっている。

当時の意思決定者は間違いなく、世界の運命が自分たちの手に握られていることを理解していただろう。ミサイル危機は人類史上、最も危険な瞬間だったと、アーサー・シュレジンジャーは二〇〇二年一〇月にハバナで開かれたキューバ危機四〇周年記念会議で述べた。会議には、この危機が進行していた時、政権内部でそれを目撃した人々も出席していた。それでも、この会議で明らかになったある事実に、出席者たちは衝撃を受けたかもしれない。

懸念をより現実的な視点から見るには

これらの懸念をより現実的な視点から見るには、キューバ・ミサイル危機がなぜそれほど危険な時期だったのかを考えてみるのがいいだろう。その答は、この先にある危険に直接関わっている。こうした危惧の念の裏にどんな理由があるかは、入念に検討する価値があるが、焦点を絞りすぎると誤解を招きかねない。

一九六二年一〇月に、世界は核戦争のまさに寸前までいっていたことを知らされた。アルキボフという名の男が世界を救ったと、この会議開催に携わったワシントンの国家安全保障公文書館のトマス・ブラントンは言った。

彼が言及していたのは、ソ連潜水艦の士官ワシーリー・アルキボフのことで、危機が最も緊迫し、潜水艦がアメリカの駆逐艦に攻撃されていた一〇月一七日、核を搭載した魚雷を発射せよとの命論を拒んだ人物である。この時に発射していれば、ほぼ間違いなく大戦争に発展していただろう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

パキスタンとインドの争いに火をつけたテロ攻撃

ソ連軍の撤退後、アメリカとその同盟者(その中にアルカイダを始めとするイスラム聖戦士が含まれる)によって徴募され、武装及び訓練されたテロ組織は矛先を他国に向け、一九九三年三月には前代未聞のテロ攻撃でイン …

no image

世界貿易センタービル爆破事件以降、危険が迫っているのが明らかに

一九九三年の世界貿易センタービル爆破事件以降は、危険が迫っているのが明らかになった。もっと入念に計画が練られていれ、この事件は何千人もの死者を出した可能性がある、と貿易センタービルの技術者は報告した。 …

no image

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響 …

no image

戦力差のありすぎる戦いでの記者の関心

一九九一年の湾岸戦争では、軍事的に著しく優位に立っていた米軍が、戦車やブルドーザーで地騎ししながらイラクに入り、イラク兵を砂漠の中の斬壊に生き埋めにした。前代未聞の戦術だと、パトリック・スローヤンは報 …

no image

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置 …