雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら

投稿日:

ラトヴィアの元外相によれば、我々は敬礼し、大声でイェス・サーと言わなければならない。どんな犠牲を払おうと、アメリカを喜ばせなければならないのである。民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら、主要なニュースとしてこう書いているべきなのだ。現実の報道はおおむね散漫で、とらえ所のないものとなっており、戦争への反対は米国政府にとって市場分析程度のことでしかないとしている。

古いヨーロッパとは、実際には東も西も、ヨーロッパ人の大多数が含まれるものであり、片や新しいヨーロッパは米国政府と(曖昧な)同盟を結び、自国民が圧倒的に支持する意見も顧みない選択をした若干の指導者で構成されている。政治勢力の対極では、ウォールストリート・ジャーナル紙の編集者が、声明文に署名した八カ国を称えて、フランスとドイツが全ヨーロッパを代弁して、今では全体が反米になったという、従来の認識の誤りをあからさまにしたと述べた。

メディアがこのような嘘を広めるのは

さまざまな政治勢力のうち、保守に対抗するリべラルではリチャード・ホルブルックが、当初の八カ国からなる新しいヨーロッパの人口を合計すれば、声明文に署名しなかった国の人口よりも多いという、きわめて重要なポイントを強調した。新しいヨーロッパでも大衆の圧倒的多数は戦争に反対していたのあり、しかも古いヨーロッパとして片付けられた国以上に反する率が高かったという事実だ。

メディアがこのような嘘を広めるのは、それがイラク戦争でブッシュ大統領に反対するヨーロッパとアメリカ双方の人々の政治目的に適うから。名誉ある新しいヨーロッパ八カ国の指導者たちは、ヨーロッパのアメリカの大衆の見解は、伝えられてこなかったことを示した。例外は、今ではその正しさを証明したウォールストリート・ジャーナルの社説だけだ、と。この結論は、欧州からヨーロッパ人を除外し、民主的な社会では国民は何らかの役割をもっているとする極左の見解を否定すれば、確かに意味をなすものとなる。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ロシアの外交政策が民主主義の平和論にかなうのか

なぜ、冷戦は両超大国間の「熱戦」とならないまま、あれほど長く続いたのであろうか。なぜ、第三次世界大戦へと転化しなかったのであろうか?高度に成熟した社会が両大戦から教訓を学び、単に戦争をしなくなったと分 …

no image

ソ連の脅威が常に語られグアテマラがソ連圏に武器を依頼すると

ソ連の脅威が常に語られ、グアテマラがソ連圏に武器を依頼すると、それに一層拍車がかかった。これはアメリカが攻撃を匂わせ、他国からの武器の供給も阻止した結果だった。一〇年にわたる希望と前進の幕間を、米国政 …

no image

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深 …

no image

アメリカの権力の傘下にあるから問題が公共の場で議論されない

一九九二年から九四年に戦略軍最高司令官だったリー・パトラー将軍は次のように述べた。我々が中東と呼ぶ憎悪の大釜の中で、どうやら一つの国が備蓄した大量の核兵器で武装しており、その数が恐らく数百発にのぼる事 …

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …