雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリでミニスカートにロングブーツをはかないでいただきただい

投稿日:

パリにお出かけになる日本のマドモワゼルに大切なことがある。それは絶対にミニスカートにロングブーツをはかないでいただきただい。そう、ミニスカートにロングブーツこそ、ヨーロッパ婚婦の伝統的な制服にほかならないのだ。これだけファッション情報が犯濫している日本で、なぜ誰もアドバイスをしないのだろうか。

秋から冬にかけてはテロテロのベロワがすてきだ。もちろん、シルクタッチのやわらかい素材や、サテンのように光沢のある生地は永遠の定番。パリジェンヌは、同じブラウスを着ていても、夕方、パンツからフレアスカートに着がえただけで、ナイトライフは一味違ったものになると心得ている。

サントノーレ通りやモンテーニュ通りをエルメスやルイ・ヴィトンのショッピングバッグをかかえて、ミニ+ブーツで闊歩している若い日本女性を見るにつけ、危なっかしくてしかたがない。白いエナメルブーツは、高級娼婦の定番アイテム。

たとえ日本でも、ミニスカートにはあくまでもフェミニンなパンプスや、バックベルトタイプのサンダルをどうぞ。あるいは、遊び心のあるミュールを合わせても楽しい。第一、ブーツで足を隠し、女性の体のなかであまり美しいとはいえない(失礼)ひざを強調するなんて、どう考えても理にかなってはいない。

女性がジャケットを着たいと思うとき

ジャケットは、制服の代名詞。デパート、商社、メーカー、店員、ジャケットさえ着せておけば会社は安心する。女性がジャケットを着たいと思うのはどんなときだろう。仕事で商談をするとき。自分を知的に見せたいとき。深く開いた胸もとがいさぎよく、ちょっと辛口の色気を主張できる。

しかし、もしかしたら下着の上にトップスなしで直接ジャケットを着るのがいちばん女らしいかもしれない。ジャケットを買うときに表地を引っばがしてパッドを見るわけにはいかないが、なるべく薄くやわらかい肩パッドの製品を選ぶのがコッだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

洋服のブランドにおいて旅は大切なコンセプトになっている

ゴージャスなアイテムが欠かせない方におすすめは、ショート丈のカシミヤコートや毛皮のブルゾン。あつかいが楽なうえ、パリやロンドンの寒気から守ってくれる。ショートコートはスポーツマックスあたりで見つかるし …

no image

フランスでは交流にパーティーをするのは常識

フランスでは大切な人をもてなすのに、レストランではなく自宅を利用するのが一般的。これはあなたは特別な方なのですというサインになるからだ。だから夫人の内助が旦那の株を上げたり下げたりもする。今晩のパーテ …

no image

スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶとよい

・スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶ 出かけるときに考えてしまうのが、靴。周りを見渡すと、みなさんスニーカーをはいていますね。どんなときでもエレガントさを忘れずにを信条にしている私としでは、スニ …

no image

史上初の企業責任報告書を出した

二〇〇一年一〇月、ナイキが五六ページにわたる史上初の企業責任報告書を出した。この書類はいくつかの非難を甘受するものだったため、労働問題専門家たちは衝撃を受けた。CEOのフィル・ナイトは、似つかわしくな …

no image

映画の衣装デザインはトレンドに影響を与えてきた

今日では、広告と番組の境目は曖昧になっている。これは危険な状況だと言える。なぜなら、中立の立場で意見を言っている人とお金をもらっている人の区別がますますつきにくくなるだろうから。時には、テレビのパーソ …