雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

パリでミニスカートにロングブーツをはかないでいただきただい

投稿日:

パリにお出かけになる日本のマドモワゼルに大切なことがある。それは絶対にミニスカートにロングブーツをはかないでいただきただい。そう、ミニスカートにロングブーツこそ、ヨーロッパ婚婦の伝統的な制服にほかならないのだ。これだけファッション情報が犯濫している日本で、なぜ誰もアドバイスをしないのだろうか。

秋から冬にかけてはテロテロのベロワがすてきだ。もちろん、シルクタッチのやわらかい素材や、サテンのように光沢のある生地は永遠の定番。パリジェンヌは、同じブラウスを着ていても、夕方、パンツからフレアスカートに着がえただけで、ナイトライフは一味違ったものになると心得ている。

サントノーレ通りやモンテーニュ通りをエルメスやルイ・ヴィトンのショッピングバッグをかかえて、ミニ+ブーツで闊歩している若い日本女性を見るにつけ、危なっかしくてしかたがない。白いエナメルブーツは、高級娼婦の定番アイテム。

たとえ日本でも、ミニスカートにはあくまでもフェミニンなパンプスや、バックベルトタイプのサンダルをどうぞ。あるいは、遊び心のあるミュールを合わせても楽しい。第一、ブーツで足を隠し、女性の体のなかであまり美しいとはいえない(失礼)ひざを強調するなんて、どう考えても理にかなってはいない。

女性がジャケットを着たいと思うとき

ジャケットは、制服の代名詞。デパート、商社、メーカー、店員、ジャケットさえ着せておけば会社は安心する。女性がジャケットを着たいと思うのはどんなときだろう。仕事で商談をするとき。自分を知的に見せたいとき。深く開いた胸もとがいさぎよく、ちょっと辛口の色気を主張できる。

しかし、もしかしたら下着の上にトップスなしで直接ジャケットを着るのがいちばん女らしいかもしれない。ジャケットを買うときに表地を引っばがしてパッドを見るわけにはいかないが、なるべく薄くやわらかい肩パッドの製品を選ぶのがコッだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アカデミー賞授賞式の会場をねらえ

一九九六年度授賞式前に誤ってヴァレンティノのドレスを引き裂いてしまい、とっさに自前の服、GAPの黒のモック・タートルネックにヴアレンティノのロング・スカート、アルマーニのベルベット・コートで間に合わせ …

no image

チョッキの着こなしを上手に行うには

・上手なチョッキの着こなしとは ボタンを外そうと留めようと私の勝手じゃないか、とおっしゃるかもしれません。が、おしゃれの世界では必ず外すことになっています。チョッキのボタンはたいてい六つということにな …

no image

ストライプの着こなし-安心とおしゃれはたいへん遠い距離にある

・ストライプを着こなす心について 名著「いきの構造(講談社学術文庫)」の著者、九鬼属造という方は、縞は粋と言っています。たがいの線はけっして交わることがなく、ために論めの心があり、だから粋なのだ、ざっ …

no image

ペット用品商戦に参戦するファッションブランド

グッチは犬用の茶色のレインコートを販売している。ルイ・ヴィトンが七〇年代に世に出したLVモノグラムの犬用レザー・キャリーは、一〇〇〇ドル弱で手に入るが、それほど余裕がないという向きも、オールド・ネイビ …

no image

フランスの若者と日本の若者の違い

彼女が心底感心したまなざしで、こう言った。典型的ブルジョワ家庭に育ったマダムMと東京の原宿を歩いていたときだった。これだけそろってストリートウエアの軍団に出くわすと壮観だわ。日本の若者ってすごいわね。 …