雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ミニバンの安全性に対する危惧

投稿日:2015年3月28日 更新日:

私がミニバンで危惧しているのが安全性です。最近、親が運転していて、自宅の駐車場周辺で幼い子どもをひいて死傷させる事故が少なくありません。目立つのはミニバンや大型のSUVです。やはり死角の大きいことは無視できないと思います。また、ミニバンは車重の重いものが多く、乗員が多く荷物をたくさん積んでいると、コンパクトカーやセダン並みにはブレーキが効きません。そんなことを知ってか知らずか、高速道路をかなりの速さで走っているミニバンも見かけます。

ミニバンが路上に増えると後続車にとっては視界も悪く、うっとうしい気にもさせられます。それが嫌なので仕方なく自分も背の高いミニバンを買った、そんなユーザーもいるそうです。チャイルドシートの装着が義務化されたことに伴い、シートが3列あるほうが何かと便利なことはわかります。ただし、少子化が進んでいることもあって、ひと家族当たりの人数は4人を切り、3人以下の家庭も多くなっています。こう考えると、3列シートの多座席車でなくとも十分に間に合うはずです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

賢いクルマ選びをしたいなら

ミニバンを毛嫌いしているわけではありませんが、賢いクルマ選びをしたいなら、ミニバンが本当に必要かどうか、マイナス面も十分に考慮する必要があると思います。クルマの危険性を十分に知らないばかりに、クルマの真後ろで屈み込み、土いじりをしたりすることもあります。子どもは走る信号機と思えとはよく言ったもので、目を離すことはできません。左前や後方に見えないゾーンがあり、そこに小さな子が入ると確認できません。子どもはじっとしていることはなく、クルマの左側にいたかと思うと、一瞬で右に移動していたりします。

走っているときにはクルマの運転に神経を集中していても、家に着いてほっとして駐車場に入れるようなときに気が緩み、事故を起こすことがあります。これが怖いところです。ミニバン自体の安全性が低いというよりも、ミニバンの特徴をしっかり認識していないドライバーの多いことが怖いと思います。走行性能、運動特性、乗り心地、コーナーリング性能等々、あらゆる面でセダンが勝っています。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ハーシュネスと振動

ハーシネスは道路の継ぎ目のような小さな突起や、小さな段差を通過したときに感じる「ストン」という音を伴ったショック軽い突き上げの感じのことで、別名「継ぎ目拾い」とか「継ぎ目ショック」あるいは「目地ショッ …

no image

BMW-ニュー640d xdriveなどの発売

BMWは、ダイナミック走行感性とエレガントなデザインをさらに強化したニュー6シリーズの全4種類のラインナップであるニュー640dのXドライブ(xDrive)グランクーペMスポーツパッケージ、ニュー65 …

no image

車外音の漏れなどの評価

車外音の評価をするときは暖気音の音源であるアイドリング時のエンジン・メカ音、吸気音、排気音をチェックし、それらの音がアクセル全開加速ではどうなるか聞いてみたり、自宅に帰ってきたときを想定してのファン音 …

no image

初めての車選び-あえて輸入車から始めるのもあり

まずは、クルマと付き合うことの面白さが見えてくるクルマに乗りましょう。初めてのクルマ選びというのは、とくにアレコレ悩むもの。女の子のエントリーカーというと、当然のように名前が挙がるのがマーチですが、街 …

no image

車のディーラーの日曜営業日の来客状況を観察しよう

土・日・祝日は販売店のかきいれどきで、なかでも日曜日はいちばん活気があって当然の日。その販売店がいい店かどうかは、日曜日の来客状況を見ればある程度わかる。日曜日に販売店に出かけて、店内の様子などを観察 …