雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

南アフリカ軍が退却を強いられるのを見て

投稿日:

サハラ以南のブラック・アフリカは、アンゴラにおけるキューパの成功が播き立てた波に乗り、完全な解放の夢が実現する可能性に酔いしれているアンゴラの防衛は、アフリカの解放においてキューバが果たした最大級の貢献だった。南アの黒人系主要紙はこう書いた。南アの新聞は南アフリカの自尊心が受けた打撃について警告し、黒人のキューバ兵に南ア軍が退却を強いられるのを見て、アフリカのナショナリズムが盛り上がるだろうと指摘した。

キッシンジャーは最善を尽くし、アンゴラの将来への希望だった唯一の運動を制圧した。アンゴラ解放人民運動(MPLA)である。こうした貢献がどれほど目覚しいかは、グレイジェセスの草分け的な研究が登場し、大国の抑圧に抵抗し、個人の類稀な英雄的行為のおかげで、大陸を変えようとする小国の展望の話を物語る以前は知られていなかった。南アフリカを禁きつけて、一九八O年代の徹底的な軍事襲撃に着手させたのであるニューナショナリズムの哲学を採用し、恐らくは解放の神学からも影響された反抗の成功例と過度の左翼化を克服するための組織的な国際テロ活動と経済戦争は多々あり、そのうちの数例にすぎない。

ソ連圏に不健全な形で依存せざるをえなくなった

MPLAは近年のこの国の窮状に関し多大な責任を負っているものの、それはアメリカが執拗に敵意を抱いていたからであり、そのためにソ連圏に不健全な形で依存せざるをえなくなった。こうした活動はささやかなものだと考えられており、それらが引き起こす悲惨な結果と同様、ことによると堂々と正当化されている。ときおり、さりげなく言及されたとしても、キューバではマングース作戦として知られる政権打倒運動以降は、何も起こっていないと述べるにすぎない。

こうしたテロ活動や経済戦争が現代の文献に登場することは滅多にないし、国際テロに関する公開討論の場や、米国政府のいわゆる新しい体制転換ドクトリンで検討されることもない。最悪の場合でも、それらは聞こえのいい腕曲な表現で片付けられてしまう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

プロパガンダキャンペーンは中間選挙で共和党に過半数もたらす効果

国民の九〇%近くは、サダム・フセイン政権がアメリカに対する新たな攻撃を計画中のテロリストを支援していると信じた。海外では、広報外交は大失敗と国際報道機関が伝えたが、国内ではイラク戦争と九月一一日のトラ …

no image

コロンビア人、農民や先住民がスラムや収容所の仲間に加わりつつある

農民と先住民及びアフリカ系コロンビア人が、今や崩れかけているスラムや収容所にいる何百万もの人々の仲間に加わりつつある。学識経験者や専門家は、米国政府による農薬散布計画を、外国の投資家とコロンビアのエリ …

no image

ンゲマ大統領は残忍さでは上位にランクされる人物だが

ウズベキスタンのイスラム・カリモフ、トルクメニスタンのサパルムラト・ニャゾフなど、中央アジアの独裁者たちも顔を揃えている。かつての友が並ぶ、ならず者のギャラリーが世間から忘れられるにつれて、新たなお気 …

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

ミサイル危機は人類史上、最も危険な瞬間だった

我々は今、とりわけ深刻かつ危険な時代に突入しつつあり、大量破壊兵器を入手できるかもしれない非情な敵、イラクを攻撃すべく準備を進めている。こうした危険多くの人々が指摘したように、安易に武力を行使した結果 …