雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

南アフリカ軍が退却を強いられるのを見て

投稿日:

サハラ以南のブラック・アフリカは、アンゴラにおけるキューパの成功が播き立てた波に乗り、完全な解放の夢が実現する可能性に酔いしれているアンゴラの防衛は、アフリカの解放においてキューバが果たした最大級の貢献だった。南アの黒人系主要紙はこう書いた。南アの新聞は南アフリカの自尊心が受けた打撃について警告し、黒人のキューバ兵に南ア軍が退却を強いられるのを見て、アフリカのナショナリズムが盛り上がるだろうと指摘した。

キッシンジャーは最善を尽くし、アンゴラの将来への希望だった唯一の運動を制圧した。アンゴラ解放人民運動(MPLA)である。こうした貢献がどれほど目覚しいかは、グレイジェセスの草分け的な研究が登場し、大国の抑圧に抵抗し、個人の類稀な英雄的行為のおかげで、大陸を変えようとする小国の展望の話を物語る以前は知られていなかった。南アフリカを禁きつけて、一九八O年代の徹底的な軍事襲撃に着手させたのであるニューナショナリズムの哲学を採用し、恐らくは解放の神学からも影響された反抗の成功例と過度の左翼化を克服するための組織的な国際テロ活動と経済戦争は多々あり、そのうちの数例にすぎない。

ソ連圏に不健全な形で依存せざるをえなくなった

MPLAは近年のこの国の窮状に関し多大な責任を負っているものの、それはアメリカが執拗に敵意を抱いていたからであり、そのためにソ連圏に不健全な形で依存せざるをえなくなった。こうした活動はささやかなものだと考えられており、それらが引き起こす悲惨な結果と同様、ことによると堂々と正当化されている。ときおり、さりげなく言及されたとしても、キューバではマングース作戦として知られる政権打倒運動以降は、何も起こっていないと述べるにすぎない。

こうしたテロ活動や経済戦争が現代の文献に登場することは滅多にないし、国際テロに関する公開討論の場や、米国政府のいわゆる新しい体制転換ドクトリンで検討されることもない。最悪の場合でも、それらは聞こえのいい腕曲な表現で片付けられてしまう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

人類が生き残れるかどうかがきわめて現実的な問題

マイアーによると、生命の誕生以来、存在した種の総数はおよそ五〇〇億と推定され、その中で一つの種だけが文明の形成に必要な知能を獲得できた。彼の推論は、高度知能と呼ばれるもの、即ち人類という知的生命の適応 …

no image

ロシアの軍事占領に抵抗するチェチェン人に資金提供した

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ブッシュととりわけ親密な間柄にあるそうで、チェチェンの分離主義者を弾圧することに対して外交的な同意を与えられた。米国内及び中東のアナリストが、アメリカの長期的な …

no image

非介入主義と例外

非介入の原則に対する例外は、虐殺の危険にさらされている人々を救助するために必要な場合である。もしこのような人々が完全な抹殺から救われないのだとすれば、民族の自律性や権利を尊重するシンボルとしての非介入 …

no image

カストロ政治の転覆をさせるために努力も人手も惜しんではならない

ロバート・ケネディはCIAに、キューバ問題は政府の最優先事項であり、他はいずれも二次的にすぎない、カストロ政権を転覆させるために時間も努力も人手も惜しんではならないと告げた。マングース作戦を指揮したエ …

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …