雑学

三毛猫にオスが少ない理由-遺伝の面からそれを解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三毛猫にオスが少ない理由-遺伝の面からそれを解く

三毛猫にオスが少ないわけがあるようだ。いったい何故なのだろうか?猫ブームの現在、大方の女性のお気に入りは、ペルシャ猫やヒマラヤンなどで洋猫が圧倒的多数派を占めており、日本古来の三毛猫や虎猫は、肩身の狭い思いをしているにちがいない。三毛猫は白地に茶と黒のぶちのある猫で、その毛色に神秘的なものを感じたのか、三毛猫が家にいると病気にかからないとか、暴風雨を予知するといった言い伝えが多い。また、三毛猫にはオスが極めて少ないことから、船乗りに珍重され、船の守り本尊にされたりもした。

この三毛猫は、ほとんどがメスで、オスが生まれることはきわめてまれである。それは何故だろうか。遺伝の面から、それを解くことができる。性の決定に大事な役割をもつ特別な染色体のことを性染色体というが、それがメスの場合は、同形のものが対になっていて、X-Xで表され、オスの場合は形の異なるものが対になっているのでXーYで表される。子供が生まれる場合、母親のXの因子と父親のXの因子をもらうとメス(XーY)になり、母親のX因子と父親のY因子をもらうとオス(X-Y)が生まれる。

X染色体のある遺伝子

したがって、X染色体のある遺伝子は、生まれた子供がメスでもオスでも伝わるが、Y染色体の遺伝子はオスの子供にしか伝わらないことになる。人間の赤緑色盲や血友病は、こうした伝わり方をしている。猫の場合、毛の色がこの伴性遺伝にあたり、Xの染色体に毛の色の遺伝子は含まれるが、Yの染色体には含まれないのである。

だから、黒毛と白ぶちの母猫と茶毛の父猫の間に生まれる子供の場合、メスは母はX染色体と父のX染色体(茶毛)をもらい、黒+茶+白ぶちの三毛猫になる。そして、オスは、母のX(黒毛と日ぶち)と父のY(遺伝子なし)により、黒と白ぶちの猫となるわけである。

父と母の毛の色が別の組み合わせでも同じだ。ごく稀にオスの三毛が生まれることがあるが、それについては、X染色体とY染色体の問で遺伝子の一部が入れ換わることによるなど、色々な説がある。なお、近年の猫の社会では、洋猫との混血が進んで、三毛猫や虎猫のような純血の日本猫がめっきり減り、絶滅の危機に瀕している。

オスは、染色体異常で性染色体がXXだったりXXYだったりするとXが二個あるんで茶と黒の混色になることもある。

猫の毛色は多いようで、基本としては黒と赤(明るい茶色)の2色しかないが、三毛猫とは、三種類の色毛を持つ猫の事で、一般に黒、茶、白の3色の猫といわれる。

三毛猫の原産国は日本で、日本の猫といえば三毛猫というくらいおなじみの猫ですが、海外では三毛柄が非常に珍しいそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加