雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ミグ戦闘機を何機か手に入れて領空防衛に乗り出せば

投稿日:

ニカラグア空軍が一九五〇年代に製造された年代物のミグ戦闘機を何機か手に入れて、領空防衛に乗り出せば、アメリカの安全保障は危機にさらされる。ミグ戦闘機はアメリカに危害を及ぼしうる(ボール・ソンガス上院議員)。ハト派は概してより慎重で、その主張の信憑性を疑いながらも、もしそれが正しければ爆撃しなければならない、と付言した。タカ派はこの新たな違犯行為への懲罰として、ニカラグアの爆撃を要求した。

アメリカに従属する部隊が、ニカラグア上空を支配する米軍機の誘導に従って無防備な民間人の標的を攻撃しても、ニカラグアの安全保障に対する脅威にはならない。アメリカの行動は当然、防衛行為であり、従ってそれに反対する動きはみな侵略となる。ニカラグアにも、アメリカが継続中のテロ攻撃から領空を防衛する権利があるのではないか、ということはまず考えられない。こうした意見は、ほぼ一度も口にされなかったが、それは理に適ったことだった。

内部からアメリカ側の人々を攻撃すること

ちょうど南ヴェトナムにおける南ヴェトナム人の内部侵略のようなもので、ケネディ政権におけるリべラル派の言葉を借りれば、内部からアメリカ側の人々を攻撃することなのだ。アメリカが支配権を取り戻してから一〇年後には、経済活動をしていた国民の半数は国を離れ、往々にして最も勇敢で有能かつ意思強固な人々は合法または非合法の移民労働者となっていった。ワシントン式民主主義としかるべき経済慣習が復活すると、ニカラグアは政治的にも社会経済的にも一層深刻な崩壊状態に陥り、その反面、アメリカでは人々の関心が薄れていった。

ニカラグアの国内総生産は今後五〇年間、年率五%ずつ成長しなければ、一九七八年の生産レベルまで回復できないだろう。彼らが送金する額は、年間八億ドルほどと推計されて、それが抑制のきかない社会の大変動に歯止めをかけていると、イエズス会大学の研究誌は報告した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

有権者は争点ではなく個人的な資質に目を向けさせられた

有権者は争点ではなく、個人的な資質に目を向けさせられた。一般大衆がエリートと見解を異にする問題は、一般に議題から外されていた。有権者の間では、といっても富裕層に大きく偏っているが、自分たちの階級の利益 …

no image

国民一人当たりの成長率がヨーロッパとほぼ等しく失業率もほぼ同レベル

新しいヨーロッパで、かってソビエト帝国に属していた国々がもて離されるのは、何もその指導部が大声でイエス・サーと敬礼するほど意欲的だからというわけではない。東欧諸国なら、ヨーロッパの多くの国が依然として …

no image

アメリカは自分たちの直接的な侵略に抵抗する人々をテロリストと呼ぶ

9・11が歴史の流れの顕著な転換点とする主張について考えよう。これには疑問の余地がある。とはいえ、あの恐ろしい日に、何か非常に新しい、それまでとは全く異なることが起きたのは間違いない。アメリカは、自分 …

no image

パレスチナ問題-地図ロードマップがどこに適用されるか

現場での既成事実はロードマップがどこに適用されるかを、またパレスチナ国家として知られる存在がどこに建設されるのかを決定しており、今後も決定し続けるだろうと、イスラエルのジャーナリスト、アミーラ・ハスは …

no image

イランの制裁緩和さえも禁ずる

米国政府が国連の査察機関(UNSCOM)を利用してイラクを偵察させたことも査察に悪影響を及ぼし、一九九八年一二月にクリントンとブレアが国連の反対を押し切ってイラクを爆撃した後、査察はイラクによって中止 …