雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

右メニューと左メニューの違いを理解しておこう

投稿日:2015年1月20日 更新日:

~右ナビゲーションか左ナビゲーションの違い~

昔はハイパーリンクで構成されている立体的構造のウェブサイトを閲覧することに慣れていないユーザーが多かったため、とにかくナビゲーションを見てもらう、ナビゲーションに馴染んでもらうことが重要だったためでしたが、多くのユーザーがウェブサイトを閲覧することに慣れてきたために、取り立ててナビゲーションを目立たせることに注力する必要がなくなり、コンテンツ自身を目立たせることに重点が移ったためだと思われます。

インターネットが生まれて最初の数年、Web1.0の時代は、左側にナビゲーションを置くケースが一般的でした。しかし最近では、右側にナビゲーションを置くことが一般化してきました。右側にナビゲーションを置くことは、多くの利点があります。2つのカラム(列)の構成の場合、ナビゲーションの位置を右側に置くべきか、左側に置くべきかを悩むケースが多いようです。

下層ページの構成

利益に直結するアクションボタンは、トップページと同様に視認性が高い領域に、目立つように配置する必要があります。例えば、アクションボタンをなるべく目立たせたいため、右側の中央に配置するなどといった、色々な試行錯誤により、売上が変わっていくことはよくあります。

興味を喚起させ、いろいろなページも参照して欲しいので、ローカラルナビゲーションを左中央と視認性の高いところに配置する、などといったこともよいでしょう。ナビゲーションによって、同一カテゴリのコンテンツへの遷移を容易にしてくれます。へッダーとフッター、グローバルナビゲーションはトップページ同様に統一ですが、トップページとの大きな違いは、ローカルナビゲーションを配置することです。

また、3つのカラム(列)の構成になっているのを、2つのカラム(列)に構成することも可能です。自身のウェブサイトにとって、どのような配置が有効かを検討して構成を考えましょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

リスティング広告はAdWordsとスポンサードサーチ

・リスティング広告はAdWordsとスポンサードサーチ(旧オーバーチュア) Googleの利用者は、リテラシーの高いユーザーを中心に広まった経緯があり一般にビジネスユースで使われているケースが多く、B …

no image

ネットショップを通じて多くの収益を上げたい

・ネットを通じて多くの収益を上げたい 自分で商品の価格を決めることができるネットショップは、アフィリエイトよりも高収入を望むことができます。ネットショップでは、取り扱う商品の選択や商品の価格まで決めら …

no image

お客様から信頼を得られるショップを作るには?

ショップにとって一番大切なことは、ショップの経営者であるあなた自身を信頼してもらうことだ。いくら自分は大丈夫と思っていても、お客にとってはまったく知らない人から商品を購入することになるので、それは大変 …

no image

ネットショップを始める前に準備しておきたいもの

・ネットショップを始めるために必要なもの 機材や通信手段など、最初に準備しておきたいものを紹介します。ネットショップを始めるには、商品のほかにもいろいろなものが必要になります。 インターネット接続環境 …

no image

副業でのショップ運営を会社に知られたくない場合

会社に知られないようにするには、どうしたらよいでしょうか。まず、年間の副業収入が20万円以下の場合、確定申告の必要はありません。この条件にあてはまるなら、自分さえ黙っていれば会社に伝わる心配はないでし …