雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

メスのあとを執拗に追いかけまわす

投稿日:

毎朝、オスはぶつぶついったり、大声を響かせたりしながら、自分の居場所と行為の準備ができていることを隣人たちに知らせてまわる。やがてメスの一頭にさかりがつくと、彼は木々の合間をぬってそのメスのあとを執拗に追いかけまわす。

オスは成熟の徴となるほおの小袋が発達すると、果実がたわわに実る広いテリトリーにマーキングし、そこを守りはじめる。そしてメスのオランウータンが何頭か、そのテリトリーのなかにもっと小さな巣をつくる。

メスに受精能力があるのは約五日間だけだ。その発情期のあいだに妊娠すると、メスはそれから七年以上も発情することがない。だからオスとしては、さかりのついたメスのそばにつねに待機し、同時にライバルたちをよせつけないようにしなければならないのだ。

すでに中年期を迎え、気むずかしくて怒りっぽく、小さな目をぎょろりと光らせた巨体のオランウータン。それでもオランウータンの基準からすればとガルディカスは書いている。「TPはまちがいなくハンサムの部類に入った」さらに彼女はつづけている。「そんなTPのあこがれの的は、プリシラだった。

オランウータンを研究しはじめた

TPと一緒にいるときのプリシラは、以前にもましてだらしのない姿になっていた。TPならもっと見苦しくないメスを選べただろうに、と思ったものだ。しかしTPの迫りかたからして、どうやらプリシラには性的な魅力があったようだ。

ボルネオのタンジュン・プチン自然保護区に住む野生のオランウータン、スロートポーチにしてみれば、求愛行動にともなうそんな不都合はなんでもないことだった。一九七年代、霊長類学者のビルーテ・ガルディカスがこの地のオランウータンを研究しはじめた。

面倒なことに、オスのオランウータンの体格はメスの二倍もある。だからそのぶん動きも鈍くなるし、食欲も旺盛だ。したがって、機敏に動く小柄なパートナーに追いつくためにも、食事を抑えなければならない。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

サバンナヒヒの生態と求愛

スマッツは何年にもわたってケニアの大草原でサバンナヒヒの生態を調査し、タリアとアレクサンダーの感動的な求愛行動を記録した。はじまりは、思春期に入ったタリアにさかりがついたときだった。 動物も、求愛の際 …

no image

運のいい人間でなくてはいけない

松下さんはよくいわれます。「運のいい人間でなくてはいけない」と。また、谷口さんが「松下さんは動物的感覚」といわれるのもそれ。運というのは半分は偶然か知れませんが、あとの半分は自分の責任です。 褐福は継 …

no image

気まぐれな人は飽きっぽい

友人をつくったり、それを維持したりするのも簡単だ。「気まぐれな」人は、飽きっぽい。恋人を手に入れると、落ち着かなくなってしまう。相手が逃げれば、追いかける。「執着タイプもいる。このタイプの人は、のべつ …

no image

モ・ベター・ブルースという悲劇映画

自己愛パーソナリティの悲劇ー映画「モ・ベター・ブルース」。才能はあるのに、このように自己中心的で、そのためにみんなから愛想を尽かされてしまう自己愛パーソナリティの悲劇を描いた映画に「モ・べター・ブルー …

no image

恋に落ちる瞬間には選択の自由はない

「恋に落ちるのには選択の自由はない。恋する気持ちはいきなり生まれてしまう」。恋の寿命は一二か月から招かれてもいないのにでいきなりやってくる恋だが、去るときもすばやい。ヴェルディ作の悲劇『のなかで、ヴィ …