雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

新しいメスを連れてくるとヒナを育てた

投稿日:

繁殖期に入ったあと、ひと組のムジルリツグミのつがいが巣をつくり、そこに落ち着いた。ところがオスが餌を取りに出かけているあいだ、バラシュがオスのムジルリツグミの雛を果のわきの枝に設置した。

イエローストーン国立公園内で、すでにつわもの入りしたあるオスのグリズリーを観察していた自然誌研究家のトーマス・マクナミーは、こう書いている。「昼間を過ごす木の葉と枝の巣に横たわった彼は、彼女を守り、独占するかのように、前脚を彼女の肩に」。こうした独占欲の悲しい例が、動物学者デイヴィッド・バラシュが観察していたムジルリツグミの身に起きている。

侵略者を目にするや、剥製に向かって激しく、執拗な攻撃をくり返した。そのあと彼は交配相手に対しても残忍な攻撃を開始し、そのふたつの風切羽を切り裂いた。彼女は逃げていった。オスはすぐに新しいメスを連れてくると、ヒナを育てた。

ヴァイオレットの苦悩がはじまったのは

ヴァイオレットの苦悩がはじまったのは、若く美しいハスキー犬マリアがマーシャル家に住みはじめた日だった。トーマスはヴァイオレットの嫉妬について書いている。「ヴァイオレットにとって、なにがいちばん気にくわなかったかといえば、ビンゴがマリアにぞっこんになったことだった。

独占欲のせいで暴力に走る動物もいれば、嫉妬のあまりひどく落ちこむ動物もいる。ヴァイオレットをおぼえているだろうか?ビンゴというパグ犬に恋をした小さなパグ犬だ。二頭はパートナーだった。「まるで小さな夫婦のように、二頭であれこれ取り決めをしていた」とエリザベス・マーシャル・トーマスは書いている。「眠りかた」にいたるまで。

ヴァイオレットはそんな彼をたびたび止めようとした。しかしうまくいかなかった。やがてヴァイオレットは「部屋の隅に引っこみ、腰を下ろして、しょんぼりと落ちこむようになった。ビンゴはヴァイオレットを無視し、マリアの気を引こうと、毎日のように耳を低くして、やわらかな表情をつくり、尻尾をほんのわずかに振りながら、彼女のわきを行ったり来たりしてばかりいるようになったのだ。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自分のできることとできないことを識別

Nさんには、自分のできることとできないことを識別し、すべてのことが何でもできるというよりは、このことができない、このことはできるというふうに、自分の能力を明確にして暮らしていきたいという気持ちが強くあ …

no image

原始的な人間の言語が徐々に発展していくと

わたしは、動物磁力の脳内回路が人間なりのかたち、つまりは恋愛のための脳内回路へと発達したのは、人類進化のこの時期ではないかと思っている。そう提案するのには、いくつか関連した理由がある。 原始的な人間の …

no image

私が今、ここに在るということだけでよかった

最初、私は自分を知りたいという気持で出発したのに予想もしいな方向へきていた。しかしそのチラリと姿をみせるものをとらえたいと思った。それはすぐにもとらえられそうでとらえられず、もどかしい日を何日か過ごし …

no image

脳内の化学作用がいつごろから進化したのか

基本的な装置をもとに、化学作用がさらに増殖し、水中を泳いだり、空を飛んだり、地面を這ったり、飛び跳ねたり、闘歩したり、揺れたりする無数の動物のなかへ広まっていった。そしてそこにはサルと人間の祖先もふく …

no image

常識的、実際的な日常生活の中で通用している個人的な自己

常識的、実際的な日常生活の中で通用している個人的な自己は、本質的につきつめていくと、この全人類的普遍存在の一顕現体にすぎなくなる。実は過去の哲学や心理学の歴史が、素朴に、個人的自己を原点に考えることの …