雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

メラニン細胞刺激ホルモンの作用による刺激

投稿日:

チロシナーゼはもともとメラニン細胞のなかにある酵素で、美白化糖品では、このチロシナーゼの働きをどれだけ阻害できるかというのが、効果の目安にされています。メラニン細胞がメラニン色素をつくり出す原因には、紫外線や化粧品などの外部からの刺激のほかに脳の一部から分泌される「メラニン細胞刺激ホルモン」の刺激もあります。

メラニン細胞は、刺激を受けるとメラニン色素をつくります。そのとき、そのおおもとになるのが「チロシン」というアミノ酸です。このチロシンが「チロシナーゼ」という酵素と反応すると、最終的にメラニン色素ができる。

全身に異常なほどシミ・ソバカスが増えてきたというようなときは、このメラニン細胞刺激ホルモンが、過剰に分泌されていることが考えられます。男性よりもホルモンバランスの乱れやすい女性のほうが、シミやソバカスができやすいのも、おそらくメラニン細胞刺激ホルモンの分泌異常が起こりやすいせいだと思われます。メラニン細胞は、メラニン細胞刺激ホルモンによる刺激ばかりでなく、外から加えられた刺激によっても、体を守るためにメラニン色素を出します。

シミ・ソバカスのない白い肌をめざすなら

私たちの体からは、メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑える作用を持つ肌の味方ノルアドレナリン」というホルモンも、分泌されています。このノルアドレナリンは、運動をしていない人より、運動をしている人のほうが多く分泌されるという傾向があります。したがって、メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑え、シミ・ソバカスのない白い肌をめざすなら、適度な運動も効果があるかもしれません。

また、ストレスがたまるとホルモンバランスはくずれやすいものですが、このメラニン細胞刺激ホルモンも例外ではありません。したがって、白い肌をつくるのに不可欠な「メラニン細胞を刺激しない」という条件を満たすためには、紫外線対策だけでなく、日頃からストレス解消も心がけ、メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を狂わせないようにすることが大切なのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

日焼けをしてからビタミンCをとっても効果あるか?

日焼けをしてからビタミンCをとっても効果あるのでしょうか?健康にいいのは、黒褐色になるパターンです。日焼けして黒くなるというのは、ある意味では紫外線から身を守る防御反応だからです。黒褐色にならない人は …

no image

カルシウム以外に骨に関係するミネラルは?

・カルシウム以外に骨に関係するミネラルは? マグネシウムです。筋肉が活動するためには、マグネシウムがどうしても必要です。そのため、食事から摂取するマグネシウムが不足すると、不足分を補うために骨からマグ …

no image

EPAは血がかたまるのを防ぎ肌のすみずみまで豊富に送りこまれる助けに

気になるニキビや吹き出もの。これらは毛穴のなかにバイ菌が入り込み、穴のなかで増殖した姿です。ニキビや吹き出ものまでいかなくても、皮膚の表面では、毛穴などから体内に侵入しようとする細菌とそれを撃退しよう …

no image

皮下組織は線維芽細胞などでできている

皮下組織は線維芽細胞、脂肪細胞、コラーゲン、エラスチン、コンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸、ヒアルロン酸、水、などでできています。このうち、脂肪細胞と水以外の物質は、すべて線維芽細胞によってつくられます …

no image

アンチエイジングにかかせない脂肪のオメガ3

細胞を活性化させ、健康維持はもちろん、美肌づくりにも欠かせない脂肪アンチエイジングに効果的なオメガ3は、サンマ、サバ、ニシンなど背が青い魚をはじめ、亜麻仁油、シソ油、えごま油、くるみなどの食品に多く含 …