雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑えるための運動

投稿日:

メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑えるための運動は、紫外線のあたらない室内で行なうことが必須条件となります。メラニン細胞を刺激するものは、いろいろあります。肌をきれいにみせるために使っている化粧品によって、実は肌が黒くなっているという可能性もないとはいえません。化粧品に頼りすぎるのは考えものです。

もっとも有名な外からの刺激は、「紫外線」。メラニン細胞は、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素をつくり、細胞の外へ放出します。いったんメラニン細胞から放り出されたメラニン色素は、その後、細胞のなかに取り込まれ、肝芽細胞とともにターンオーバーによって表皮の上のほうへだんだんと押しあげられていきます。これが、紫外線を浴びると肌が黒くなるメカニズムです。

メラニン色素の合成を抑える働きのある物質として、ビタミンCが知られています。「ビタミンCの美白効果」は以前からよく知られていますが、実際、ビタミンCにはメラニン細胞のメラニン合成反応を抑える働きがあります。

一般に市販されている化粧品のなかに

一般に市販されている化粧品のなかに、「ハイドロキノン配合」「コウジ酸配合」とうたったものもあるようですが、これらはもともと医療用の物質なので、市販品に同濃度の成分が含まれているとは、ちょっと考えにくいと思います。

ハイドロキノンやコウジ酸を調合した塗り薬には、すでにできてしまったシミやソバカスを消す効果もあります。シミやソバカスで深刻に悩んでいる人は、皮膚科で相談してみるといいでしょう。シミ爆弾となったメラニン細胞は無秩序にメラニン色素を放出して、シミ・ソバカスをつくったり、細胞をガン化させるような変化を起こします。

紫外線やそのほかの化学物質つき、シミ爆弾にスイッチが入ったこのシミ爆弾のスイッチをオフにして、メラニン細胞の暴走をしずめる物質として、医療用として皮膚科で利用されている「ハイドロキノン」などがあります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

食べる順番を変えるだけで糖化を防ぐことが可能に

・食べる順番を変えるだけで糖化を防ぐ 血液中の糖分を急上昇させない賢い食べ方をご存知ですか?それは、食事の際の順番を意識することです。脂質や塩分を多く摂ってしまいがちな外食の際にも、まず野菜から食べる …

no image

不足すると肌が荒れるミネラルは?

・不足すると肌があれるミネラルは? 亜鉛です。亜鉛が不足すると肌あれを起こしやすいのは、紫外線などの影響を受けやすくなる。亜鉛はフリーラジカル(細胞に突然変異を起こさせるワルモノ粒子)が生まれるのを阻 …

no image

基礎代謝アップが美肌のカギ

・基礎代謝アップが美肌のカギ 40代から発する肌トラブルや太り過ぎを防ぐためにも、代謝を上げるための運動やストレッチを意識的に行うことをおすすめします。私たちは、人間が生きていくために最低限必要な機能 …

no image

カルシウム以外に骨に関係するミネラルは?

・カルシウム以外に骨に関係するミネラルは? マグネシウムです。筋肉が活動するためには、マグネシウムがどうしても必要です。そのため、食事から摂取するマグネシウムが不足すると、不足分を補うために骨からマグ …

no image

皮膚マッサージは「バスタブのなかで」が原則

皮膚の付属物である汗腺や皮脂腺などは、体内の老廃物を体の外に出す働きもかねています。ですから、汗腺や皮脂腺に汚れがつまったりして、老廃物が排出されないと、思わぬ肌のトラブルを招くことになります。 お風 …