雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑えるための運動

投稿日:

メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑えるための運動は、紫外線のあたらない室内で行なうことが必須条件となります。メラニン細胞を刺激するものは、いろいろあります。肌をきれいにみせるために使っている化粧品によって、実は肌が黒くなっているという可能性もないとはいえません。化粧品に頼りすぎるのは考えものです。

もっとも有名な外からの刺激は、「紫外線」。メラニン細胞は、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素をつくり、細胞の外へ放出します。いったんメラニン細胞から放り出されたメラニン色素は、その後、細胞のなかに取り込まれ、肝芽細胞とともにターンオーバーによって表皮の上のほうへだんだんと押しあげられていきます。これが、紫外線を浴びると肌が黒くなるメカニズムです。

メラニン色素の合成を抑える働きのある物質として、ビタミンCが知られています。「ビタミンCの美白効果」は以前からよく知られていますが、実際、ビタミンCにはメラニン細胞のメラニン合成反応を抑える働きがあります。

一般に市販されている化粧品のなかに

一般に市販されている化粧品のなかに、「ハイドロキノン配合」「コウジ酸配合」とうたったものもあるようですが、これらはもともと医療用の物質なので、市販品に同濃度の成分が含まれているとは、ちょっと考えにくいと思います。

ハイドロキノンやコウジ酸を調合した塗り薬には、すでにできてしまったシミやソバカスを消す効果もあります。シミやソバカスで深刻に悩んでいる人は、皮膚科で相談してみるといいでしょう。シミ爆弾となったメラニン細胞は無秩序にメラニン色素を放出して、シミ・ソバカスをつくったり、細胞をガン化させるような変化を起こします。

紫外線やそのほかの化学物質つき、シミ爆弾にスイッチが入ったこのシミ爆弾のスイッチをオフにして、メラニン細胞の暴走をしずめる物質として、医療用として皮膚科で利用されている「ハイドロキノン」などがあります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

ビタミンBや葉酸Bはどのような食品に多く含まれているの?

・葉酸やビタミンBは、どのような食品に多く含まれているの? ビタミンBは、動物の肝臓に多く含まれています。ほかには、動物の肉、魚介類、微量ですが乳類などに含まれています。食べもののの好き嫌いのある人や …

no image

心の若さを保つ方法-よりよい環境を作り出すために行動する

・心の若さを保つということは、どのようなこと? 自己実現のために考え、判断し、行動している人は、年齢を重ねても若々しくイキイキと輝いています。人間には環境に順応する力が備わっていますが、環境に順応しな …

no image

日焼け止めのSPFやPAの意味って何?

・SPFとは?PAとは? 日焼け止め化粧品に表示されているSPFとPAの文字。違いは何か知っていますか?ここで確認しておきましょう。PAは、+の数で3段階に分けられていて、十が多いほどその効果が高くな …

no image

フィトケミカルで活性酸素を除去しよう

フィトケミカルは約1万種類にのぼるとも言われ、よく知られているものでは、ブルーベリーやカシスに含まれるポリフェノールの一種のアントシアニン、海藻などに含まれるフコイダン、スイカやトマトなどの赤色成分で …

no image

2つの紫外線が肌に与えるダメージ

・2つの紫外線が肌に与えるダメージ UVーB=シミをつくる波長が短く、真皮までは達しないものの刺激が強く、表皮の底のほうにあるメラニン細胞にキズをつけ、シミを増やす原因となる。 UVーA=シワをつくる …