雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

メラニン代謝の仕組み-しみの予防、対策など

投稿日:

・しみの予防&対策

外出の際は日焼け止めをばっちり塗って紫外線対策をしているという人は多いのですが、日々の生活では、対策をしていない人も見られます。しみを予防するためには、なんといっても紫外線対策をしっかり行うことです。たくさんの種類があるしみですが、仙代から特に目立ってくるのは肝斑と老人性色素斑。表皮細胞の中にたまっているメラニンを排出し、メラニンの生成を抑制する効果のある美白化粧品もしみ対策に役立ちます。ゴミ出しや洗濯物の取り込み、近所への買い物など、ちょっとした外出のときも確実に紫外線を浴びることになるので、日焼け止めをこまめに塗る習慣をつけましょう。

・メラニン代謝のしくみ

表皮細胞はターンオーバーによって皮膚の表面に向かって押し上げられ、最終的には堀となってはがれ落ちていきます。日々、表皮で生成されるメラニンは、ある一定の量に達すると、周囲の表皮細胞に送り込まれます。メラニンは、表皮方向へ押し上げられるほかに、炎症などにより真皮に落ちる場合もあり、真皮に落ちたメラニンはその後、血液やリンパを通って体外に排出されます。ターンオーバーが進んでいる間もメラニンは基底層の色素細胞において次々と生成されています。ターンオーバーの乱れや新陳代謝の低下が起こると局所的に色素が沈着したままとなり、しみを作り出してしまうのです。排出と生成のサイクルをメラニン代謝と言います。

メラニンは紫外線から肌を守る防御物質

・メラニンは紫外線から肌を守る防御物質

メラニンは表皮細胞の保護、活性酸素の吸収、皮膚温度の制御など、さまざまな面で役立ち、私たちの体を守ってくれているのです。皮膚の奥に入り込まないようにする防御物質としての働きも持っています。メラニンは人の肌の色を決定する大きな要素で、白人は皮膚中のメラニン量が少なく、逆に黒人は多いと言えます。もしメラニンがなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。

・太田母斑

通常のしみより皮膚の深い部分に発生します。日の周りや頼・額・こめかみ・鼻・耳などにできる褐色?灰青色の小さい点が集まったように見えるあざ。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

健康に過ごすために風呂の温度や入浴方法に気を使う

水分はお風呂の前やあがってからとるよりも、むしろ、お風呂のなかに飲みものを持ち込み、バスタブにつかりながらどんどん飲んで、水分補給をしましょう。このとき、飲みものは冷たい水よりも温かいお茶をおすすめし …

no image

ビタミンCとプロリンというアミノ酸

ビタミンCは、ヒモ状のタンパク質の隙間にある「プロリン」というアミノ酸を、「ハイドロキシプロリン」という物質に変えるときに働きかけます。このハイドロキシプロリンは、コラーゲンのもとのヒモ状のタンパク質 …

no image

美肌に欠かせない成分-ビタミンA・B群・Cの効果

・美肌に欠かせないビタミンA・B群・C ビタミンは過剰な飲酒や喫煙、ストレス、糖質や脂質の摂り過ぎなどで失われてしまうので注意しましょう。ビタミンは全部で13種類ありますが、中でも肌にとって重要なのは …

no image

不足すると肌が荒れるミネラルは?

・不足すると肌があれるミネラルは? 亜鉛です。亜鉛が不足すると肌あれを起こしやすいのは、紫外線などの影響を受けやすくなる。亜鉛はフリーラジカル(細胞に突然変異を起こさせるワルモノ粒子)が生まれるのを阻 …

no image

一日2リットルの水を飲むと理想的である理由

・常温の水をー日に2リットル飲む 冷たい水は体を冷やしてしまうので、夏でも常温で飲むことを心がけてください。飲めば飲むほどいいというものではなく、1日に2リットルが想的な摂取量です。水は食物の消化・吸 …