雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

めんどくさがり屋さんは片付けられない

投稿日:

めんどくさがり屋さんは片付けられない。
整理・整頓のさまたげとなる性格。自分の弱点が分かれば、整理・整頓の秘誌も見えてくるはず。引き出しの奥に何か引っかかってるなあ。でも、開かないわけじゃないから、奥を見るのはこんどにしようという具合に、面倒くさがる気持ちが先に立つと、やるべきことは分かっていても、ついついあと回しにしてしまうのです。ところが、やるべきことに手間をかけないぶん、無精派の人たちには、時間はたっぶりあります。

この時間を有効に使えば、整理・整頓はなんなくできるはずなのに何をするでもなく、なんとなく時をすごしているのではないでしょうか。あなたは、家族がなげくほどの面倒くさがりなのでは?主婦なら、追い出されないほうが不思議。朝、コーヒーを飲んだら、マグはそのまま。そして翌朝、前日のぶんは洗わずに別のマグでコーヒーを飲み、それもまた流しへ。これを何日かくり返し、ついに使えるモノが底をついたときになって、ようやくたまったマグを洗いはじめる。これが主婦だとしたら、夫に追い出されないほうが不思議。

何かにつけて面倒なことをあと回しにする

ここまでひどくはないとしても、何かにつけて面倒なことをあと回しにするのが無精派です。身の回りにモノがあふれ、必要なモノを取り出すのも大変で、それがかえっていろいろな作業を面倒にしていることも、しっかりと自覚していることでしょう。でも、不便な環境も、それが続くと、人はしだいに順応します。そして、片づけや整理・整頓などはどうでもよくなってしまうこれが、無精タイプです。このタイプの人は、根っからの面倒くさがり。整理・整頓がもっとも苦手なタイプです。

買い物をしてきたら、荷物はキッチンに置きっばなし。とりあえずお茶を飲み、おせんべいをポリポリ。夕食の支度をはじめるとき、傷みやすいモノは冷蔵庫にしまうものの、あとは料理をしながら、必要な材料をそのつど買い物袋から取り出して使う。こんなこと、していませんか。だからといって、こういう人が現状に満足しているわけではないのです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

圧縮袋を活用して省スペースを図る

・圧縮袋を活用して省スペースを図る どうしても減らせない寝具が何組もあり、整理ができない場合には、「圧縮袋」の活用がおすすめです。圧縮袋は、もはや寝具収納の定番となった感もあるスグレモノ。寝具の空気を …

no image

使わないバス用品をおしゃれにディスプレイ

・使わないバス用品はディスプレイに 使っていないバス用品がいくつかあるのなら、バスルームにディスプレイして楽しんでみては?かわいいボディブラシをもらったけれども、硬すぎて体に合わないし、捨てるのはもっ …

no image

収納スペースを作る作業

わたしにしても、できればしないですませたい作業です。しかしこれは、衣類をきちんと整理・整頓したいと思ったら、避けては通れないことでもあります。そう観念して、わたしはスーツ、ジャケット、パンツ、ジーンズ …

no image

古い家具のリメイクDIY術

古い家具のリメイクDIY術を紹介していきましょう。 古い家具の小さな引っかき傷には、スティックタイプの家具専用の補修剤を使うか、クレヨンまたは絵の具で着色し、色止めにニ色がはげることはありません。いず …

no image

引き出しの奥と手前を使い分けるコツ

・引き出しの奥と手前をこう使い分ける 奥のほうに入れたものを見逃して、なくなったと大騒ぎしたり、新しいものを買ってしまったりしが。普通のスチールデスクの真ん中の引き出しは、浅くて使いやすいものの、その …