雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

名犬ラッシーの大冒険-全編を通じて雌のふり!?

投稿日:

世界一有名なコリー犬ラッシーは、心優しく勇敢なだけでなく、利口で分別がある点でも、まさに人間そこのけだった。犬とその知能に関する通念を作りあげるのに最大の貢献をしたこの犬は、一九三八年にエリック・ナイトが発表した短編小説の主人公として誕生した。この物語はその後べストセラーとなり、一九四三年には家路と題する、感動的な涙を誘う映画に生まれ変わった。

そのじつ、リンチンチンの冒険映画に登場したラッシーは美しい雌犬などでは決してなく、全編を通じて雌のふりをさせられていただけだった。雄のコリーが使われたのは、雄のほうが雌より体格も大きく臆病なところがないためだった。観客はその性別にはまったく気づかなかったようだ。七代にわたってラッシーを演じた犬たちは、すべて初代ラッシー、本名パルという犬の、雄の子孫だった。手のこんだ芸当が必要な場面で代役の犬と入れ代わり、その顔つきが変わろうとも、ラッシーが雄であることがひと目でわかる身体的特徴が暴露されようとも、なんなく見すごされた。

犬が画面に登場しても

実際、私たちは犬が画面に登場しても、層間に白い星のあるヨリーとしてしか見ていなかった。監督のフレッド・M・ウィルコックスは、家路のために三〇〇頭以上のコリーを面接し、パルについては顔つきが気に入らないので落とすことにした。パルは危うくこの大役を逃すところだった。パルの訓練士ラッド・ウェザーワックスは、この犬は非常によく訓練されているから、特殊なスタントやトリックが必要な場面できっと使える、と食いさがった。時間に迫られていたウィルコックスは、実際の主役が決まる前に撮影を進めることにした。

ラッシーが急流を必死に泳ぎ渡る場面があった。ずぶぬれになれば、どのコリーも見分けがつくまいと判断し、ウィルコックスはパルが泳ぐシーンを、あとからラッシー役に選ばれた犬のショットにつなげようと考えた。パルの勘の良さが発揮され、私たちの心にラッシーが刻まれるようになったのは、じっにこの瞬間であったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターは食べ物であげたら危険なものとかあるの?

野生の状態でのドワハムは、かなりの粗食家。これは、砂漠などの厳しい環境に住んでいるからで、乏しい食料を得るために、ドワハムは1日に何mキロもの範囲を駆けめぐっています。そんな状況でドワハムが得られる食 …

no image

ロボロフスキーハムスターは手乗りサイズのかわいさ

ロボロフスキーハムスターは、眺めていて飽きないハムスターです。ロボロフスキーが種として同定されたのは、トーマスによって1905年のことでした。大きな目と小さな体型からくるかわいさはさすが。英国では代に …

no image

犬食の文化-優れた調理法についてたくさんの記述

北アメリカの原住民は、あるときは特別なごちそうとして、またあるときは飢えをしのぐために、犬を食べた。メキシコではチワワやメキシカン・へアレスなどの小型犬はかつてはごく一般的な食材であり、その目的のため …

no image

ドワーフハムスターとはこの世界のトップスター

ドワーフハムスターの人気ぶり。ゴールデンハムスターというかつての花形を抜いて、いまではドワーフハムスターこそがハムスター界のトップスターといっでも過言ではないでしょう。ドワハムたちは全部で4種類。人な …

no image

ハムスターを飼う際の色々な注意事項

・快適な共同生活のために、ニオイ問題を解消 ニオイのもとは、ドワハムのおしっこです。このおしっこのニオイを絶つには、一にも二にも清掃あるのみ。ドワハムは清潔好きな動物で、本当はほとんど体の二オイはあり …