雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

名医ランキングというものは必ずしもあてにならない!?

投稿日:2014年11月16日 更新日:

時々週刊誌などで紹介されている名医ランキングには、よく有名大学の主任教授や大病院の院長、部長といった、大看板の医者が名を適ねています。そういった記事のランキングの中身を見ると、どうも医者としての技量が高い名医というより有名な医者の名前が並んでいるようです。

その前にそもそも、大看板の医者がいい医者とは限らない、という点に注意が必要なようです。知っておきたいのは、大きな病院の院長や部長の地位=ポストというのは、医者としての技量とはまったく関係ないということ。こうしたランキングに乗っている医者に診てもらおうと思ってその病院に行っても、その名医とされている医者に診察してもらえるかどうかもわかりません。

こうしたポストは、医科大学の教授たちの天下り先としてイスが用意されていることが多いのです。ふつうに考えると、学生に医学を教える教授の中でもトップに立つ人なのだから、きっと医者としての技量も高いのだろうと思うでしょう。では、ランキングに名前が載っているような医大の主任教授の医者としての技量はどうなのかというと、これも疑問が残ります。

ずっとヒラの教授のまま

ところが、実状は必ずしもそうではないようなのです。一般の企業では、営業部にいた人が総務部長に異動するといったことがしばしばありますが、医学部では、たとえば、外科の助教授が内科の教授になるということは絶対にないのです。そのため、同じ科の二、三年先輩がその科の主任教授の座に就いてしまったら、後輩がどんなに医学の能力が優れていても、どれだけ技術があっても、その先輩がいなくならない限りずっとヒラの教授のままでいなければなりません。

医学部は、大学の他の学部とはちがって講座制になっています。講座は診療科目によって分かれていて、他の科目との間で、教官などの人事の交流はまずありません。講座制ということは、その科の主任教授は一人だけ、ということを意味します。

人事権をはじめとする、その科のすべての権限が主任教授に握られ、ヒラの教授には何の権限も与えられません。つまり、医大の主任教授が名医である、という根拠はまったくないわけで、かえって人の足を引っ張ってでも、また、政治的に姑息な手段を使ってでも主任教授の座を手中にした人である可能性もないともいえないのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

鳥インフルエンザで鶏が大量に処分された事例

香港で始めて発症が広まった鳥インフルエンザ、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1は、鳥だけではなく、人への感染が広がりました。 気道での酵素による切断部位のアミノ酸配列が様々な臓器に存在する酵素で …

no image

やさしい医者で親切だが腕がない場合の弊害

いきなり、質問です。さて、最も罪作りな医者は誰でしょう?もし、不親切で能力のない医者と、親切で能力のない医者がいたとしましょう。言葉の字面だけをとらえると、親切で能力のない医者に比べて、不親切で能力の …

no image

「さじ加減」は料理ではなく医師がサジを使った分量の調節だった

・コーマ(coma) 昏睡のことを英語でコーマ(coma)という。 ・コート(kot) コートというのは、ドイツ語で便のこと。コートを調べてくれというのは、大腸ガンかもしれないから、患者の便を調べろと …

no image

人間ドック検診-必要のない精密検査を受けさせる

集団検診よりははるかに検査項目の多い人間ドック。人間ドックは順天堂大などの私大の付属病院でも行っているが、中心になっているのは民間の病院である。人間の血液にだけ反応する検査法もあるが、金がかかるために …

no image

医療経済優先の論理-利益率が多い薬の存在

各医療機関が過当競争しないような行政的配慮が必要であろうと思います。医者だって人間ですから、自分が窮迫してきた時によい医療を行うゆとりはなくなっているでしょう。 先の阪神・淡路大震災の時のようなことが …