雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

間違いだらけの車選びをしないために販売員と話をすること

投稿日:2014年11月5日 更新日:

最近では、日常の買い物でも売り手と口を利くのを嫌う傾向がある。そのおかげでセルフサービスのスーパーが増えて、人情も何もなくなってきている。いい買い物をしたいなら、どんなものであれ、売り手とのコミュニケーションは必須だ。

さて、車を見に行った際に、ボンネット内の水漏れ跡やいつまでも聞こえる異音に気づいてしまったらどうしよう・・。そのクルマがよほど希少なクルマでもない限り、とりあえず見送ってしまうのが安全なのだが、たとえ見送るにしても、直して買うためではなく、その店の質を見定めるヒントにするため、出その店のスタッフに直るものかどうかを聞いてみるべきだ。

この車種はこれこれこういう消耗部品があって、その寿命でこの音が出るから直ります、といったように、納得できる説明をしてくれる店なら、それを信じて直して納車を条件にしてもいいし、今回は見送っても次に期待してもいい。原因を説明しようともせず直りますの一点張りの店はあまり信用できない。指摘されて初めて気づくような店は論外だ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

必ずフォローしてもらう必要がある商品

クルマは買ってからも必ずフォローしてもらう必要がある商品だ。買う買わないを決める前に、まず人間関係を作るためにも、店のスタッフとはたくさん言葉を交わすべきだし、商品の多少のアラもコミュニケーションのきっかけとポジティブに考えた方がいい客になれる。顔なじみの八百屋でオマケしてもらったり、旬のものをいち早く買ったり、時には希少な品物を特別に分けてもらったりするのはいい例だろう。

せっかく出会った店のスタッフから、少しでも何かを吸収し、理解し合うためにもコミュニケーションすべき、ということだ。最終的にその店で買わないにしても、納得いく説明を受けられればあなたの知識になるわけだし、その後、めでたくオーナーになってから、トラブル防止に役立てることもできる。

いい客になる、というのも変な話に聞こえるが、いい買い物のためにいい客になるのも立派なテク二ツクのうちだ。質問上手、つきあい上手になる頃には、店を見る目も肥え、ここなら、という店が見分けられるようになっていることだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

特定の回転数での共振が問題になってほかに打つ手がない場合

エンジンの回転が低いとき、すなわちアイドリング時や、発進時や、トップ・スローといってたとえばトップ・ギヤで時速三キロメートル程度の低速で走ったときなどに、車体を振動させることになります。高速走行時でも …

no image

最近の車の傾向-便利な面ばかりではない部分も

昔はサイドウインドーを開き、肘をドアに引つ掛けながら運転している姿を見かけたが、今のクルマではドアに引っ掛けようとしても肘が大きく持ち上がってしまう。最近のクルマは塊感ある外観に見せるため、ドアパネル …

no image

車は利点と欠点を比較検討して選ぶようにしよう

たとえば、一部の外国産車の中には、リアタイヤのトレッドの狭いものがある。これなら、とりあえず前部が入れば、どんな狭い道だって曲がれる便利さはある。ところが、こうした車は後方視界があまりよくないことも多 …

no image

トヨタパッソの評価-価格とのバランスが良い使える一台

トヨタパッソは、低価格で生活道具に徹した超お買い得実用車。1000ccのコンパクトカーだから、走行性能は期待できないが、居住性に不満はない。視界に優れ、取りまわし性は良好で、生活のツールとして大変使い …

no image

ハリアーはもともと米国市場をターゲットに開発したクルマ

ハリアーはもともと米国市場をターゲットに開発したクルマで、高品質な乗用車ライクな4駆モデルとして投入されました。トヨタは、クロスカントリーモデルの王者、ランドクルーザーを製造しつつも、新しい波を創り出 …