雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

バイク

マスツーリングで注意することは集団心理

投稿日:

林道ツーリングの場合、危険が大きいので、テクニックや排気量がそろっているほうが楽しく走れる。ビギナーといっしょの場合は、ペースメーカーを1人つけ、テクニックの勉強をさせながらツーリングを楽しむことだ。

マスツーリングの楽しみ方は自由である。同銘柄のオートバイで走るのもいいし、同排気量のマシンで走るのもいい。また、ベテランとビギナーが入り混じったり、トライアル車からオーバー12のスーパーマシンまでが一堂に会して走ったりするのも楽しいものだ。

林道のように神経質に考える必要はない。峠道や高速道路など、ビギナーが不安なところだけ、べテランが引っばってやればよい。マスツーリングで注意することは、集団心理である。先頭がスピードオーバーや無理な追い越しを行うと、後続もそれに追従し、マナーが乱れがちになる。

オンロードであれオフロードであれ

オンロードであれオフロードであれ、ツーリングを楽しくするかつまらなくするかは、コースの選び方次第である。1つのツーリングを決定するには、目的地主体型(温泉やペンションに宿泊したり、観光地を見学したりする)と走り主体型(ワインディングの走りを中心とするハイスピードツーリング)とに分かれるが、目的地主体型でもなるべく渋滞の少ない道を選び、しかもワインディングも楽しむようにしたい。

また、仲間同士の競争意識が爆発し、街道レースが始まるケースもよく見られる。街道レースで事故を起こすほどばからしいことはないので、このことはオン、オフを問わず。大いに反省し、注意するようにしたい。オンロードの目安としては、高速道路に乗り入れできない250cc未満のオートバイで200km、250〜400ccで300km、750cc以上なら350〜400km、というのが楽しく走行できる限界といえる。

目的地主体型の場合は、高速道路を有効に活用し、目的地での時間を長くとることがポイントになる。走り主体型の場合は、交通量の少ないワインディングを選んだり、有料道路をコースに入れたりしてコーナーリングを楽しむとよい。問題は1日の走行キロ数である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

免許の取り消しになると大型二輪は取れない?

免停中にほかの種類のクルマは運転できるはずなのに、免許証は保管されてしまうから、二輪、四輪とも運転はできなくなってしまう。なにせ免許証はひとり1枚しかくださらないものだから。これが免許取り消しになると …

no image

日本でも県によって法律が違うことがある

なんと日本にも県によって法が違うことがあった。アメリカのかの有名なダブル・ニッケルレースのように他州にはいれば法律もちがう事態があった。官僚王国、日本にしたら大ミスではないか。 東京都道路交通規則第8 …

no image

道交法違反というのはりっぱな刑事事件

刑事責任。道交法違反というのは、もうりっぱな刑事事件。殺人とか強盗なんかと同じような犯罪の一種だ。道交法違反だけでもこんなぐあい(軽い違反は反則行為で特別扱いになり、反則金を納めるだけでいいが、酒酔い …

no image

注意義務違反の過失にあるバイクの泥はね!?

オフロード大好きなある少年。バイクはホンダXL125R。家は東京の都心ですが、ときどき多摩のほうへモトクロスごっこをやりにいきます。雨のあとなんか、メッタメタのぬかるみなんですが、これがまた楽しかった …

no image

モトクロスのジャンプの方法など

ジャンプするときはハンドルを手前に引いてリアから落ちるーこう解説している本がほとんどだ。たしかにそのとおり。それが理想だ。だが状況によっては、そんな理論は通用しない。とにかく飛ばなければならないのだ。 …