雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

高収入が見込める麻酔科医におすすめの求人サービス

投稿日:2016年8月23日 更新日:

麻酔科医は、昔は人材不足がひどかったようですが、現在ではそれも解消しつつあります。しかしそれでも、まだまだ医師不足であることには変わりないようです。

ですので、麻酔科医の求人はそこそこ見かけます。ただ、それほど求人が多いわけではないので、麻酔科医の求人を探すとなると結構苦労すると思います。

ゆっくりと時間をかけて探していこうと思っておられる方ならいいかもしれませんが、そうでなく、できるだけ早く求人を見つけたいのであれば、転職支援サービスを使って求人を探したほうがいいと思います。

エムスリーキャリア医師転職ドットコムといった転職支援サービスを利用すれば、早く求人が見つけられると思います。

実際、エムスリーキャリアで麻酔科医の求人を探すと、400件くらいの麻酔科医の求人が見つかります。

麻酔科医のニーズ

麻酔科は主治医となることがなく、休暇が取りやすいという面があります。ただ、主治医になることがないため、患者と接する機会が少ないとも言えますが、仕事のやりがいはかなりある仕事です。

麻酔科医のニーズは比較的高く、大規模病院、基幹病院などでも、ニーズが高いです。また、ペインクリニックなどでも求人をよく見かけますし、常勤、非常勤ともに、求人は比較的見かけます。

標榜医以上を必要とするような求人を見かけることがよくあり、面接の際には、これまで、どのぐらいの手術を担当したか、などといったことを聞かれることがよくあると思います。

麻酔科医の当直などについては、先生の負担を軽くする試みをしている施設などもあり、こういった求人には、多くの麻酔科医の先生が応募をするという傾向があります。

麻酔科医の求人では、手術麻酔だけではなく、ICU管理などの領域での求人募集もあります。

現在、麻酔科医の数はそれほど多くなく、医師不足はまだ完全には解消はされてはいません。麻酔科医の数が少ないので、医師数が多い科に比べると、採用される可能性が比較的高いように思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないかと家族からクレームがつき、医者があいまいな態度をとったりすると訴えられることになる。 生死の境をさま …

no image

インフルエンザとRNA二本鎖

私たちの体の中では、常に外部からの病原体の侵入を見張っています。常に外部からの病原体の侵入を見張っていないと、大変なことになってしまいます。 病原体の成分を検出するシステムが存在しているのですが、もし …

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな科目の人気が高くなっているようだ。時代が変われば、医者の心も変わるということだろうか。一昔前は、外科 …

no image

趣味は献血ですというある男性のお話し

会社員のNさんの趣味は献血である。いやあ、これがねえ。いいんですよ。同じマンションに住むOさんも、それを聞いて驚いた。献血、ですかあ?献血?よっぼど血の気が多くて?一度やったらやめられない。そうだ、今 …

no image

スーパーウーマン症候群とは?特徴や症状

スーパーウーマン症候群は、キャリアウーマンによく見られるストレス症候群の一つで、様々な心身症状を伴う。 スーパーウーマン症候群は、何事も完璧にこなそうと頑張る人がなりやすく、周囲に凄いと思われる、期待 …