雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車のマルチビジョンが動くかどうか必ずチェックする

投稿日:2014年10月31日 更新日:

マルチビジョンのついている車を見つけたら、絶対に動かしてみること。動かなかったり、画面に気泡などが見つかったら、新品に取り替えてもらおう。マルチビジョンで動かしているものすべてが操作不能となる。

高級車にときおり見られるマルチビジョン。カーナビのほか、テレビやオーディオ、エアコン、燃料計算にいたるまで、画面に軽く触るだけでいろいろな機能が使える便利で優秀なシステムだ。でも、それだけに壊れると悲惨なことになるのも事実。

おまけに、修理代金は高額だし、直すためには時間もかかる。カーナビやオーディオ類ならまだしも、エアコンまで動かなくなってしまうから大事だ。

エンジン回転が上がる

エンジンとトランスミッションとをつなぐクラッチは、摩耗するため寿命が長くないパーツだ。
だが、修理費用は10万円以上とかなり高め。しかしAT車で、しかもスポーツカーでもないのにこんなトラブルがある場合、クラッチに異常を抱えているケースが多い。

アクセルを踏み込むと一気にエンジンの回転があがる車は乗っていて楽しいが、回転のわりにスピードが出ないという車は、ほぼまちがいなく爆弾を抱えていると見ていい。サービスでのオーバーホールを依頼し、それが無理だということであれば、購入をあきらめるべきだろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

電装系のチェック

ひとつだけつっかえたような動きをしたり、動作が鈍いようなら、そこだけ修理してもらうように頼むこと。ワイパーやパワーウインドウをはじめ、電動ミラーやアンテナなど、電気で動くものはすべて動かしてみて、確実に作動するかを確認すること。

中古の車を選ぶ場合に、かならずしなければならないのが電装系のチェック。パワーウィンドウなど複数のスイッチがある場合は、ひとつずつの確認はもちろん、できればすべて同時に動かしてみるといい。

エアコンの臭い

エアコンがもし異常なぐらいカビ臭いようなら、どこかが錆びている可能性もあるので、営業マンに申し出て、臭いの原因を解明してもらうべきだ。エアコンのチェックを行なうときは、まずすべての吹き出し口から冷気や暖気が出るかを確認しよう。

また、ニオイのチェックも重要ポイントだ。冷房と暖房を切り替えてみたり、風量を切り替えたり、温度設定を試すなど、すべての面で正常に機能するかを点検することを忘れずに。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車は細かい整備注文で元を取るとよい

細かい注文を次から次へと出すのはずうずうしいと感じるかもしれないが、中古車の場合、整備代という名目で多額の金額が徴収されていれば、なにも遠慮する必要はない。中古車の場合、タイヤ交換は自腹というのが基本 …

no image

中古車だから改造しやすいという楽しみがある

中古車は安さだけがウリじゃない。あまった予算を改造費にあてる喜びもある。中古車だからできる改造の楽しみがある。思い切ったやつも安いし、購入費といっしよなら支払いも楽。 車高だって最低9センチの高さを残 …

no image

タミヤのラジコンカー大会-タミヤアジアカップ韓国予選最終戦

韓国タミヤは7月7日から10日までの4日間、ソウルのCOEXで開かれた2011ソウルオートサロンの現場でタミヤアジアカップ韓国予選最終戦を開催。4回目をむかえるタミヤアジアカップ韓国予選最終戦は、14 …

no image

車下取り査定を電話でして高い査定が出ても安心しない

実際に車を持ちこんでみると、電話などでいわれた査定よりかなり低い額を言い渡されてしまうケースもある。オーナーとしては、ガッカリしつつも、そうか。仕方ないなぁ。じゃあ、それで売りますなんてことになりがち …

no image

自分のクルマを自分で選べない今の日本人

自分のクルマは自分の責任で買うのは当たり前だと思うのですが、なぜできないのでしょうか。クルマに限りませんが、それは日本人の生活用具に関する勉強不足に原因があると思います。日本人は昔とは違います。幼児の …