雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

マリナーの火星探査

投稿日:

マリナー9号(8号は失敗)は近傍を通過するだけではなく、火星を周回する軌道に乗せることを目的に、七一年五月に打ち上げられた。マリナー9号のことを覚えておられる方はいるだろうか。今はその名前を聞くことがほとんどないので、知らない人も多いかもしれない。

打ち上げ五カ月後、マリナー9号は火星の周回軌道に入り、地球以外の惑星を回る最初の人工衛星となって一年以上飛び続けた。

その間、最も接近した時で千四百キロ以内の距離から七千三百枚以上の写真を撮影、この惑星に水の存在を示す証拠があるという新たな事実が発見されることになる。

六九年二月、三月と相次いでマリナー6号、7号が打ち上げられ、火星へと向かった。そして探査機は三千四百キロの距離から、きわめて解像度の高い二百一枚の写真を送信してきた。それによって火星の地形がクレーターの痕跡だけではなく、巨大な隆起と峡谷の入り乱れた複雑な様相を呈していることが明らかにされた。この事実は科学者たちの関心を大いに刺激した。

七五年三月には約三百二十キロのところを通過、それまでと合わせて三千七百枚もの写真およびさまざまなデータを送信してきた。それらを分析した結果、水星には大気も水もなく、表面は無数のクレーターで覆われていて、いわば鉄・ニッケル合金の塊のような姿が浮かび上がってきた。

火星探査機バイキング

マリナー探査機の最後は水星を目指して七三年十一月に飛び立ち、途中金星に接近して写真を送信した後、およそ五カ月半後に最初の水星接近を果たした。この時の水星からの距離は約七百キロだったが、その後、太陽軌道に乗って周回し、さらに二度、水星に近接する機会があった。

マリナーの一連の観測の後を継いで登場したのは、火星探査機バイキングと、その名のとおり金星をターゲットとするパイオニア・ビーナス号である。バイキング1号、2号は七五年八月、九月に続けて打ち上げられ、翌年六月、火星軌道に乗った。

バイキングはそれまでのマリナーと異なって、軌道を周回するオービター(軌道周回船)と観測計器を組み込んだ着陸船との一つの部分からなっており、着陸船を火星地表に軟着陸させて土壌試料を採取、その場で自動的に分析する能力を備えていたのだった。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ニュートン力学で説明できない

ニュートン力学に対する信頼は必然的に強くなっていった。ある意味では物理学の絶対的真理といってもいいほどのものになっていった。ところが、一九世紀に入ってから、光の現象、さらに電気とか磁気の学問がたいへん …

no image

アインシュタインの伝説が始まった時

光をある速さで追いかけても遅く見えない。そこで当時の物理学者は悩んでいた。ざっとまあ、当時の物理の状況はこういうものだった。そこにアインシュタインが登場するわけですが、アインシュタインが何を言ったかと …

no image

運動体の速度が光速に近づくにつれ運動エネルギーは質量に変わっていく

物体が消滅すれば、物体の質量は〇となるばかりでなく、その物体に運動速度があること自体も無意味になります。しかも、運動体の質量は〇となってしまうから、それまで増大し続けていた運動体のもつ運動エネルギー量 …

no image

軟発進、軟着陸型のシャトルシステムの登場が待たれるところ

有人月探査機のアポロ宇宙船は、月までの往復に一二日間ほどを要しました。その間、三人の宇宙飛行士たちは、普通のタクシーの室内スペースとそう違わない大きさの室内で過ごしました。食事もトイレも睡眠も、その狭 …

no image

時間や空間の始まり

時間・空間の始まり。「何かがある」ということは、空間の中に何か物質でできたものが時間的にあり続けることだと考えられています。宇宙の中のどんな不思議な天体や奇妙な物体を考えるときでも、この態度は同じです …