雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

マンションの仕切りを収納に活用する方法

投稿日:

・マンションの仕切りを収納に活用

使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困ってしまうもの。マンションや団地ならば、隣との仕切り板を小物の収納場所として活用するといい。仕切り板の出っばりにダブルクリップを取りつける。そこにカーテンフックをぶらさげ、ハンガーや布団バサミ(ひもをつけておく)などを引っかけるのである。これなら場所も取らないし、ベランダの下がゴチャゴチャしないので、見た目もスッキリ。洗濯バサミは小さなカゴや洗濯ネットに入れて、一まとめにしてぶらさげておくといい。ただし、非常時のことを考えて、あまりやりすぎないこと。

ハンガーはまとめてカゴに入れる

外に出したままでは汚れが気になるという場合は、カゴに一まとめにして、窓の近くの目立たない場所に置いておこう。洗濯物を干すハンガーや洗濯バサミは、できるだけべランダに置いておきたいもの。洗濯バサミは洗濯ネットに入れて保存しておけばバラバラにならないし、もし汚れたらそのまま洗濯機に入れて洗えば、きれいになる。カゴに一まとめにしておけば、突然の来客のときなどは、そのままベランダに出してしまえばいいので、とても便利だ。

使いやすい収納方法を紹介

・洗濯バサミは輪にしたひもにとめておく

首にかけて余裕のある長さの輪をひもで作り、その周囲に洗濯バサミを挟んでおく。洗濯バサミのちょっとユニークで、しかもとても使いやすい収納方法を紹介しよう。洗濯物を干すときはその輪を首からかけ、必要な洗濯バサミを取りながら使い、取り込むときも首にかけておいて、はずした洗濯バサミをどんどん挟んでいく。終わったら、そのまま収納すれば、洗濯バサミがバラバラになることもない。いちいち体を曲げて洗濯バサミを取る必要もないので、腰もラクチンだ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

カーペットのシミ抜きをする方法

・しみをとる方法、しみをつけない方法を教えて下さい。カーペットにしみをつけてしまうと、なかなか落ちません。 汚したとき、なるべく早く手当てをするのが、なによりシミをつけないコツといっていいでしょう。汚 …

no image

畳の変色をきれいに掃除

畳は、昔ほどではないですが、今でも日本時にとって欠かせない存在です。畳は、長年使うと、新品の時よりも変色します。畳の変色はどうしても免れません。特に直射日光の当たるところは黄色に焼けてしまいます。 変 …

no image

吊り戸棚などの収納のアイデア

・シンク下の便利な収納法 システムキッチンの流しの下は、いつもそこで作業をしているというのに、手前ばかり使って奥のほうには何が入っているかわからないという状態になりがち。ポイントは、シンク下にものを入 …

no image

トイレットペーパーとティッシュ

トイレットペーパーのスペアのロールがきちんと清潔に用意されているところは、なんだか信用できるといっていいんじゃないかな。そうはいっても、世の中には、スペアローを収納する容器はめったに売られていない。製 …

no image

ザブザブと勢いよく洗って水切りかごに積み上げていく

ザブザブと勢いよく洗って、水切りかごに積み上げていく。ていねいに扱っているつもりでも、山積み作業のときに、ガチャッとか。食器には災難な話です。狭い台所でこんな悲劇が起きないように祈っても、なぜかこんな …