雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

マイルストーンの設定や進歩の管理など

投稿日:2015年1月19日 更新日:

マイルストーン(チェックポイント)の設定を行い、進歩を管理します。制作会社が決定したら作業工程表を作成し、自社の作業と制作会社側の作業を確認します。

・マイルストーンを設定する

事前にマイルストーンを設定しておけば、遅延が起きた時にどの程度の影響を及ぼす可能性があるのか、または他の作業工程を圧縮することで、マイルストーンの日程を守ることはできないかなど、具体的な対処法を検討することができます。

たとえば原稿や設計書が最終決定していなければ、次の工程のデザインの作業に進むことができません。そのため原稿と設計書の最終決定の日付をマイルストーンとして設定します。つまり、このマイルストーンの日付までに原稿と設計書の最終決定が行われなければ、その後のデザインの作業は遅延することになり、プロジェクトの進行全体に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があるということを意味します。

この作業工程表をもとに、お互いの作業分担を確認するとともに、実際のスケジュール管理を行っていきます。とくに進排管理で重要なことは、遅延することにより他の作業に影響を及ぼすポイントを明確にしておくことです。そのポイントを、道しるべを意味するマイルストーンと呼びます。

作業の工程を表に落とし込む

大まかな流れを確認したところで、実際の作業を細かく分解しスケジュールとし豊て表に起こします。実際には制作会社側から提出される具体的な提出物名も明記しておくとよいでしょう。また提出物の確認作業後、修正が入った場合は、再度制作会社側で修正する作業が必要になります。実際にはこのあたりも工程表に織り込むことが求められます。基本的にこの作業工程表は、制作会社側で作成することになります。

サイトリニューアルのオープン日までに作業項目別にスケジュールを組んでいきます。また、制作会社側の作業と発注者の作業をそれぞれに分け、お互いの作業の分担を明確にします。これにより、制作会社の提出物がいつ提出され、いつまでにチェックを行わなくてはいけないかなど、具体的な作業とスケジュールがはっきりしてきます。

・大まかな流れを確認する

大まかな作業の流れをまずは確認をします。HTMLの作業が完了したら最終チェックを行い、間違いがないことが確認できたら、サーバーへアップし、公開となります。選定業者とのキックオフミーティングにおいて、改めて情報の共有と今後の作業の流れ等を確認します。その後、調査や分析を行い基本的な戦略を策定し、続いて設計書作成、原稿作成、デザイン作成、HTML作成と流れていきます。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ユーザーに考えさせない誘導を心がける

インターネットサイトでは、ユーザーに考えさせない誘導を心がけるようにしないといけません。それが、自然と訪問者数アップに繋がります。ここでは、ネットサイトコンテンツ施策について紹介しましょう。 ・商品や …

no image

SEO(検索エンジン最適化)対策の重要性

たくさんの競合相手の中から自分のネットショップを見つけてもらうには、検索サイトの上位にランキングされることが重要です。そのために欠かせないのが、SEO(SerchEngineOptimization検 …

no image

ネットショップのオーナーに必要な心構え

ネットショップのオーナーに必要な心構え ・考えられる労力 仕入れる商品を選択するだけでなく、仕入れ代金の支払い条件や実際の支払い、仕入れた商品の受け取りや保管など、いろんな手間が生じます。複数の卸。業 …

no image

アクセスの経路をつかむ-どの検索エンジンから流入してきてるのか

日本ではYahoo!の市場占有率は高く、一般層を中心に顧客を獲得してきたという歴史があります。一方Googeは、情報リテラシーの高いユーザーを中心に顧客を獲得してきたという背景があります。そのためYa …

no image

サイトの明確な目的(ゴール)を設定してそこに向かう

~サイトリニューアルの方向性を決めるまでの流れ~ ・ウェブサイトの最終的な目的(ゴール)を考える 何のためにサイトリニューアルを行うのかが明確にわからないままプロジェクトが進んでしまうケースを現場で多 …