雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

マーキングをおこなったときの心理状態を推察

投稿日:

尿に溶けこんだある種のホルモンから、マーキングをおこなったときの心理状態まで推察できることがある。怒っていたか、おびえていたか、満足していたか、交尾をおこなった直後であったか。これは足の裏から分泌される汗に似た分泌物が、情報量は少ないが同様の作用をはたすためと思われる。イヌ科動物のあいだで最も重要な共通点は、交雑の能力である。オオカミ、コヨーテ、ジャッカル、ディンゴ、野生犬、家犬はすべて互いに交配が可能で、丈夫な子孫を数多く残すことができる。

犬とキツネの交雑の可能性は、明確ではない。原野では犬きな木や岩が、町では消火栓や門柱が、そのあたりに住むイヌ族たちの新聞やゴシップ・コラムとなる。道の途中で最新情報を嗅ぎとった犬たち(とくに雄)は、自分自身のマークをかぶせて、自分のことも一筆書き添える。エスキモーや極北の原住民たちは自分たちの使役犬をオオカミとかけあわせて、より強い犬型の憧犬を作り出そうとした。

アカギツネと犬とでは遺伝子的に相容れない

それには、発情期の雌犬をオオカミが出没する地域につないでおくという方法がとられた。イヌ科の異種交配は、人間の手で意図的に仕組まれた場合が多い。犬とディンゴあるいは野生犬との交雑はごくふつうにおこなわれた。多くの犬が発情期の雌ギツネに出合っても興味を示さず、少なくとも普通のアカギツネと犬とでは遺伝子的に相容れないと思われる。

通りがかりに興味を示した雄オオカミは、この据え膳をありがたくちょうだいし、雌犬も喜んでそれを受け入れた。もちろん状況が厳しく、食糧も乏しいときであれば、オオカミの目には、雌犬も愛の対象というよりごちそうとしか映らなくなる。ドイツやオランダでは、ジャーマン・シェパードとヨーロッパ森林オオカミの交雑が何度か試みられた。その結果としてオオカミ犬、と呼ばれる種類が作られ、人気の高いペットとなった。このオオカミ犬の外見はジャーマン・シェパードとすぐには見分けがつかないほどで、またその行動も犬そのものであるという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません。飼い主の不注意による、散歩中や室内での事故やけがなどは少なくないので、飼い主は常に安全管理をかなり心がける必要があります。また、体重や体温のチ …

no image

犬とのスキンシップの効果など

コーギーの集中力やあきらめない精神力、タフな体力や足の速さ、機敏な動きなどは、祖先の血を受け継いだもの。また、飼い主に忠実で、家族を守ろうとする気持ちが強いことも特徴のひとつ。群れを守ろうとする本能が …

no image

家庭犬におすすめなのは?

おくびょうで神経質、病弱、あるいは人間に不信感を抱いている犬かもしない。犬も人間と同様に、性格や体質的なものが親から子へある程度遺伝します。ですから、犬を選ぶときは、十分に見極めましょう。 明るく、好 …

no image

どうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか?

犬は人間とどうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか。ほかの(攻撃性はない)犬を子犬のあいだに混ぜて、ほかの犬との社会的接触の機会を増やし、数の少ない一腹子が社会的に孤立しがちになるのを避ける。ほ …

no image

哺乳類の知能の違いについての学者の見解

犬は人間に近いどころではない。それほどイス族に対して失敬な言い方はないだろう。犬の知能、などという本では、書くことがまるでないだろうとある人のひとりは言った。私たちがたくさんの犬種を作ったことによって …