雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

マーケティング力の持つ意味-必ずしも最高の製品が勝つとは限らない

投稿日:

ファッションは一種の集団行動だと、広告、流行、消費者文化の著者であるアーサー・エイサ・バーガーが言う。人々がある種のブランド商品を買う時、その商品は、その人が自分をどう考えているかや、広告が作り出す幻想、その時にはやっているものに結び付いている。マクドナルド、バーガー・キング、カールズ、ウェンディーズ、ジャック・イン・ザ・ボックスといった数あるファスト・フード店と同様に、小売アパレル・チェーンもマーケティングで差別化を図っている部分が大きい。実際、マーケティング力が幅を利かせすぎて、必ずしも最高の製品が勝つとは限らないほどだ。

たとえば、コーラ戦争の初期に行われた味のテストでは、決まってペプシが勝っていた。しかし、第二次世界大戦中、頭の切れるマーケッター連中が兵士に無料でコカ・コーラを持たせたことで、曲線を描いたガラス瓶に入ったコークがアメリカン・クラシックとなって勝利を収めた。一九八〇年代には再びコークの人気が落ち、ペプシが台頭してきた。味自体が変わったわけではない。ペプシが、若い世代に焦点を合わせるという一枚上手のマーケティング戦略に乗り出したからである。

GAP再生の原動力となったのは

GAP再生の原動力となったのはマーケティングだった。カーキがいきなりトレンドになったのではなく、GAPがそれをトレンドにしたのだ。ナイキとリーボックも、ここ数十年、似たような覇権争いを繰り広げてきた。私たちが着る服は、私たちについて多くのことを物語る。そして、そのことを私たちが自覚しているという事実を、企業のほうも心得ている。ナイキが優勢だが、マーケティング戦略がひとつ大成功を収めれば、形勢が逆転することも考えられる。

親しみのもてるものであること、憧れのものであること。両方揃ってこそ、素晴らしいブランドなんですよ。ブランドというのは、着用者が自分自身をどう思っているかや、実際にどんな生活を送っているか、どんな生活を送りたいと思っているかを表すものなんです。Jクルーの会長兼共同創立者のエミリー・シナダー・ウッズが語っている。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

映画で製品を露出しそのイメージを大物スターと結び付ける

映画で製品を露出し、そのイメージを大物スターと結び付けることができれば、アパレル・メーカーにとっては何よりの宣伝になる。そう語るのは、二〇世紀フォックスのプロダクト・プレイスメント担当副社長で、大きな …

no image

スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶとよい

・スニーカーはシルエットが細身のものを選ぶ 出かけるときに考えてしまうのが、靴。周りを見渡すと、みなさんスニーカーをはいていますね。どんなときでもエレガントさを忘れずにを信条にしている私としでは、スニ …

no image

流行りものが必ずしもオシャレとは限らない

・フツーから一歩抜け出すためには、頭をひねる 流行りモノがおしゃれだとは、限らない。おしゃれというのは、全身を流行のアイテムで固めることでもなく、ブランドものをたくさん持つことではないということ。でも …

no image

ミシガン・ファイブの面々はイースターを艦の中で過ごした

警官がバンと侵入者たちを調べると、フッ化水素酸の入った瓶とトランシーバー、ゴム手袋、シンナー、衣類の入った袋数個、ほかの農場へ行くための地図、そして「エコ・テロリスト」マニュアルが見つかった。 警戒し …

no image

モデルたちが最後のウォーキングをし挨拶に登場すると

彼はフロアにたむろする各派閥に近寄り、少なくともそれぞれひとりずつから熱い抱擁を受ける。一方では、ミシェル・ベへナーがマイクを握り、カメラマンを従えて会場を練り歩きながら、セレブや有名エディターを探し …