雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

マーケティングチャンスに恵まれたファッション業界の未来は明るい

投稿日:

ルイ・ヴィトンの有名なロゴ・プリントから、至るところで目にするポロのエンブレム、アルマーニ・エクスチェンジのTシャツに派手にプリントされたA/Xの文字、見間違えようもないナイキのスウッシュ、そして、スウェットシャツに輝くファクト(スケートウェア・メーカー)の名前に至るまで、さまざまなマーケティング・チャンスに恵まれたファッション業界の未来は明るい。

一九八〇年代に盛り上がりを見せたロゴフィリアは、九〇年代にやや下火になった。だが、二〇〇〇年に再びブームとなり、最もダウンマーケットなアイテムから最高の賛沢品まで、ありとあらゆるものにブランド名やロゴ・プリントが溢れるようになった。

ビデオ・クリップでバーバリー・チェックを着たジャ・ルールは、パトパリーという言葉を発せずとも、数百万人に届くサプリミナル広告を無料で提供していることになる。二〇〇一年には、ケネス・コールやトミー・ヒルフィガー、靴メーカーのアルドが、スティーヴン・スプラウスのグラフィテイ風にデザイナーの名前を大書きしたハンドバッグ・ラインを発表した。

洗練されたデザイナー主義と言えば

昔は、洗練されたデザイナー主義と言えば、静かなるエレガンスとスタイルを意味していた。通なら、いいデザイナーズ・ブランドの服のカットがわかったもの。それが、どういうわけか、九〇年代後期からルイ・ヴィトンのロゴ病が豪延し始め、レインコートからバッグ、靴、トップスまですべてにロゴが入るようになった。じっくり分析してみると、実に奇怪なトレンドよね。

そう言うのは、コスモポリタンイギリス版のファッション・ディレクター、シェリー・ヴェラだ。ロゴ付き商品を着ていれば、富や購買力を見せびらかしたいんだってとられるのが相場。ほら見て、ヴェルサーチのスウェットシャツよ、グッチのジーンズよ、ってな感じで。

ある意味、ロゴを着るのは、ギャング・カラーを着るようなものである。ブラッズとクリップスがそれぞれ赤と青のバンダナを誇示するように、ファッション・ヴィクティムは、デザイナー・ロゴを誇らしいメンバーシップ・バッジのように身につけているのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

良い革手袋の選び方-判断するためにはお札を数えてみなさい

・理想の手袋の選び方 今でもモーニング・コートを着ると、季節に関係なく手袋を持たされるのは、結局のところ手袋を持っていないと、紳士にはなれないということになります。英語で手袋を投げるといえば、それは決 …

no image

ゴールデングローブ賞などの授賞式に付けていくものを選ぶ

各企業とも、トップ・クラスのセレブに真っ先に自分たちの服を見てもらおうと必死である。プラダを含むファッション企業二四社がビヴァリー・ヒルズの超シックなホテル、レルミタージュのスイートルームを押さえよう …

no image

デッキシューズは色の種類が豊富で素足でも楽に履ける

・足もとの色を楽しむ 私はふだん履きにいつもデッキ・シューズを使っています、という人は案外多いもの。私も好きですが、皆さんはデッキ・シューズを履いたことがありますか?軽くて、歩きやすく、素足でも楽に履 …

no image

ワーキングマザーもブランド物のバックを購入できる

エルメスのバーキン。さすがですよね。いままでも、そしてこれからも、いろんな場面で重宝するでしょうし、丁寧に扱えば、将来娘が大人になったときに譲ることもできます。これなら、一二十代のときに購入しておいて …

no image

ファッションは虚栄心の上に成り立つビジネス

私たちは自分の体への愛と憎しみを行き来するジェットコースターに乗っているのであり、それが上り下りするたびに、ファッションがおいしい思いをしているのである。もし、揺れ動くのをやめてありのままの自分を愛す …