雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

求人を探している泌尿器科ドクターが利用したい会社

投稿日:2016年8月21日 更新日:

泌尿器科は、医局から非常勤医派遣などで維持されていることが多いそうです。病院の機能分化によって、泌尿器科の手術症例は大学病院クラスに集まる傾向が見られます。

というのも、泌尿器科医が自身の技術を向上させるために、設備、スタッフなどが整った施設でないといけないためです。そのため、医局から非常勤医派遣などで維持されていることが多いのだと思われます。

泌尿器科のドクターが転職を考える場合、あまり募集がない求人誌などを使った転職活動では、なかなかいい条件の求人は見つからないでしょう。

本格的に転職活動をしたいのであれば、エムスリーキャリア医師転職ドットコムといった転職支援サービスを使って転職活動をしたほうがいいと思います。

ただでさえ見つかりにくい泌尿器科の求人を自分で探すとなると大変です。転職支援サービスであれば、見つかりにくい泌尿器科の求人であっても、簡単に見つけられます。本格的に転職活動をするのであれば、転職支援サービスを利用することをおすすめします。利用料がかかりませんので、抵抗なく利用できます。

民間の中には

民間の中には、大学病院に依存せずに、専門医の取得をしていこうとする動きもあるようです。腹腔鏡手術の可能な医師であれば、高年俸で優遇されるということもあるようです。

泌尿器科を目指す若手は少なく、泌尿器科医師の全体数は少ないようです。泌尿器科にとって、医師不足は今後の課題であり、これから、泌尿器科医が増えることを願いたいところでしょう。

泌尿器科医の年俸は、エリアによって変わってくるので一概には言いにくいですが、1000~2000万円の間であることが多いようです。経験年数が多かったり、スキルが高いと、さらに年俸が大きくなることは考えられます。

医師不足のエリアでなら、高年俸で雇ってもらえる可能性はあります。色々と求人を見れば、中にはかなりいい条件の求人もあるはずです。転職支援サービスを使って、しかk理といい求人を探していきましょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

粘液中のIgA抗体は感染防御に重要な働きをしている

粘液中のIgA抗体は、感染防御に重要な働きをしていることがわかりました。粘液中のIgA抗体の濃度は血液中のそれより100倍高濃度です。 上気道粘膜では血液中の量に比べると3分のーの濃度と少なく、血液中 …

no image

胃薬も処方しましょうかと聞かれたら断ってもかまわない

医者の言葉にもがつくときは、この薬もいっしよにを断ったほうがいいときもあるのです。最近、単なる風邪という診断でも、風邪薬といっしょに胃薬が出されることが多くなっています。そういうときに医者は胃の薬もい …

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者である。その場合、良い医者は、薬の必要性をキチンと説明するが、悪い医者は、何も説明しないで、薬をたくさ …

no image

アルツハイマー病の原因や予防法は?進行するとどうなる?

アルツハイマー病は、原因が完全に解明されていない病気で、記憶能力や思考能力が著しく低下し、悪化すると日常生活がまともに送れない状態になってしまいます。 アルツハイマー病は、高齢者に発症しやすい病気です …

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(癌)エンブリオジェニック(胎児性)アンティジェン(こうげん)のこと。ちなみに、ヘビースモー力ーの場合もCE …