雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

救命救急医の収入をアップさせられる求人サービスを紹介

投稿日:2016年8月23日 更新日:

救命救急医のニーズとしましては、救命救急センターや2次救急、3次救急の施設に置いての求人があります。球目救急の現場は24時間365日の勤務であり、勤務医は交代制で働いています。

テレビなどを見ていると、救命救急医は、休日もゆっくり休めないよう菜イメージがあるかもしれません。しかし、意外に救命救急医は休日がちゃんと取れるように体制が整っていることが多いです。

救命救急医の求人はそれほど多くはないので、求人誌を見てもあまり見かけることは少ないかもしれません。もしも自分で救命救急の求人を探す場合には、けっこう見つけるのに苦労すると思います。

もしもさっと求人を見つけたいのであれば、エムスリーキャリア医師転職ドットコムといった、転職支援サービスを利用して探したほうがいいでしょう。

こういった転職支援サービスを利用すれば、見つかりにくい救命救急の求人でも、すぐに見つかると思います。

救命救急の仕事

救命救急医は、全般的な救急処置ができないといけないので、内科の処置と外科の処置ができないといけません。救急医の場合、特に出身や専門科は問われることが少なく、自船でどれだけできるのかが優先されることが多いようです。

実際、色々な科から転身されて救命救急医になられている先生が多く、色々な専門を持つ医師が救急の現場で働いておられます。救急対応がしっかりとできる医師が必要とされますが、需要に対して救急医の数が少ないという現状があります。

救命救急医として採用されるポイントとしては、どこの出身などということよりも、過去にどのような施設で、どのような経験を積んできたのかというようなことが、選考にポイントとなるようです。

救命救急医に求められるものは、スキルはもちろんのこと、冷静かつ迅速な対応ができるというところでしょう。各スタッフとの協調性も大事です。救命救急は、人材が不足しているようなので、活躍できるチャンスが多いといえます。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

開業して成功できるのか-患者が来なくなってしまうことも多い

ある内科医が、都内の古くからある住宅街で駅前のビルの一室を借りて開業した。いわゆる駅前クリニックである。はじめた当初は客足は順調だったが、そのうちに一日の患者が十人を下回るようになり、ビルのテナント料 …

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をすると、医療費はかなり高額になる。たかがカゼくらいで高額の医療費を取られる病院は、悪い病院なのである。カ …

no image

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイト

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイトがあります。それは、Dr.アルなびと医師バイトドットコムです。 これらのサービスは、登録すると、大量の求人の中から、あなたにあった求人を紹介 …

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾患ですが、心身症としても古くから注目されている疾患です。気管支喘息に対して、内科的治療のみならず、心 …

no image

病院の選び方-あなたはどういった観点で選択していますか?

医者に行こう!と思った時、あなたはどのように病院を選ぶでしょうか?さまざまな選択基準が考えられますが、あなたの病気の重症度と病院の規模という観点からではどうでしょうか。規模から言えば、 ・診療所(いわ …