雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

キューバミサイル危機の最も劇的な瞬間

投稿日:

ミサイル危機の最も劇的な瞬間は、一〇月二五日の安全保障理事会で、アドレイ・スティーヴンソン国連大使によってもたらされた。キューバにあるミサイル基地をアメリカの偵察機が撮影した写真を公表して、ソ連側の欺購を暴露した時である。キューバ危機が悪化していた頃、ジュピター・ミサ打ルの指揮権は一〇月三日、いかにも挑発的に盛大なファンファーレと共にトルコ側に委ねられた。そのイべントはモスクワでこそ間違いなく注目されたが、ワシントンではそうはならなかったとガートホフは言う。アメリカでは、それは単に合理的な不合理のもう一つの実践例と見なされたのだろう。

頭の体操として、仮に地球外から観ている生物がいたと想像してみよう。その観察者の目にはスティーヴンソン的瞬間はどう映じただろうか。スティーヴンソン的瞬間という概念は歴史の記憶に刻みこまれ、我々を破滅させようと企む宿敵に勝利したことが祝われた。その生物を火星人と呼ぶことにし、ドクトリンだとかイデオロギーといった地球の概念とは無縁の生物だと考えよう。火星人は、歴史にフルシチョフ的瞬間があったとはまず思わないだろう。

ソ連が突きつけられた絶大な脅威

ソ連が突きつけられた絶大な脅威と比べれば、ジュピター・ミサイルなど細微な問題にすぎなかったと火星人は思い当たるだろう。ソ連のニキータ・フルシチョフ首相ないしソ連の国連大使が、一九六一年から六二年にかけてトルコに設置されたジュピター・ミサイルの写真を芝居がかった方法で暴露した瞬間もなければ、人類の歴史で最も危険な間が近づいている時、トルコ軍に盛大なファンファーレと共にミサイルを挑発的に委譲した瞬間もなかったと考えるに違いない。

火星人は初論、ソ連がトルコに対し侵略すると威懸していないことも見てとるだろう。ソ連がそれまでの半世紀間にたびたび侵略され、国土を破壊され尽くした事実をも想起するだろう。そのうちの二度は、再軍備したばかりのドイツ軍による侵略だった。一度、一九一八年に、英米及びその同盟国によってソ連は侵略された。ドイツの豊かな西部地域は、世界最強の超大国が率いる敵の軍事同盟にこの時も加わっていた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの他国への介入の侵略側を懲らしめる行動

第二次世界大戦以降、武力行使によって実際に恐ろしい犯罪を終わらせた重要なケースが二例ある。どちらも、自衛の名目で行われた。一九七八年一二月にヴェトナムがカンボジアに侵攻して、その年に勢いを盛り返してき …

no image

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及び …

no image

文明国の精神世界における支配的イデオロギーに自画自賛の声

全ての国家には、自国民を保護する責任がある。指導者にそれができない場合、もしくはそれを望まない場合、彼らは自国を軍事介入にさらすことになる。それは安全保障理事会に承認された介入かもしれないし、承認され …

no image

国際システムのプロセスを不寛容なものに

冷戦の開始は不可避であったのか?もしも不可避を「大いにありうる」と緩やかに解釈すれば、ポスト修正主義者たちが正しいことになる。2極構造は米ソ双方をヨーロッパの力の真空に吸い込まれやすくしたし、そこから …

no image

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源 …