雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

1960年7月、キューバは国連に援助を求めた

投稿日:

一九五九年から六〇年にかけての冬に、アメリカに拠点を置亡命キューバ人が、CIAの指揮下で攻撃を実行するケースが著しく増加した。バチスタ独裁政権は一九五九年一月、カストロのゲリラ部隊によって転覆させられた。五月に、CIAがキューバ国内のゲリラを武装させ始めた。三月に、米大統領の顧問機関である国家安全保障会議(NSC)が体制転換を図るための措置を講じた。

一九六〇年七月、キューバは国連に援助を求め、二〇件ほどの爆撃に関して、操縦士の名前、機体登録番号、不発弾など、具体的な証拠を記した記録を安全保障理事会に提出し、かなりの損害と犠牲者が出たと断言して、外交チャンネルを通じた紛争の解決を求めた。キューバは、報復または抑止のために、米国内で暴力行為に訴えるという対応はしなかった。むしろ、この国は国際法によって定められている手続きに従った。

自衛のための措置を講じるのではないかと心配

米国政府は、キューバ人が自衛のための措置を講じるのではないかと心配していた。そこで、アレン・ダレスCIA長官は、キューバに武器を提供しないようイギリスを説得した。そうなればすばらしく効果的な展開となり、米国政府がキューバを西半球における安全保障上の脅威として描くことが可能になる、とダレスは指摘した。ダレスの主な根拠は、そうすればキューバ人がソ連またはソ連圏に武器の提供を求めるかもしれない、というものだったと、イギリス大使はロンドンに報告した。

へンリー・キャボット・ロッジ米大使は、アメリカがキューバに対して何ら侵略意図がないと保証することによってそれに応えた。ところが、その四カ月前の一九六〇年三月、当の米国政府は密かにカス科ロ政権を転覆させる決定を下しており、ビッグズ湾侵攻に向けた準備を着々と進めていた。それはグアテマラで見事に奏功した筋書きだった。ダレスが言及していたのは、グアテマラシける初の民主義的実験を、米国政府が粉砕した出来事だった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

プロパガンダキャンペーンは中間選挙で共和党に過半数もたらす効果

国民の九〇%近くは、サダム・フセイン政権がアメリカに対する新たな攻撃を計画中のテロリストを支援していると信じた。海外では、広報外交は大失敗と国際報道機関が伝えたが、国内ではイラク戦争と九月一一日のトラ …

no image

カストロ暗殺計画はケネディが暗殺された当日に着手された

カストロの殺害計画は、ケネディが暗殺された当日に着手された。組織的活動は一九六五年に中止されたが、ニクソンが一九六九年に就任記て最初にとった動の一つは、キューバに対する秘密工作の増強をCIAに命じるこ …

no image

相互依存と国際関係

相互依存は、フランスの法的な主権を制約しなかったが、事実上の支配は確実に制約した。フランスはあまりに深く経済的に相互依存していたため、完全に自律的な経済政策は持ちえなかった。同様に、1997年のアジア …

no image

ファシズムはイタリア人の間で民主主義の脅威を押し潰した

陽光が降り注ぐ原始的な国では、人々の要求は先進社会よりも通かに少ないから、一九五九年に、キューバに樹立されたばかりのカストロ政権をアイゼンハワー政権が転覆させようとした時、CIAのアレン・ダレス長官は …

no image

国連が事実上アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた

発足当時の世界情勢は、国連が事実上、アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた。国連は大いに賞賛されたが、その後の年月にこの国際機関に対する支配者層の嫌悪感が著しく募っていった。フクヤマの予測は …