雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

キューバ問題を巡ってアメリカのホワイトハウス内でヒステリックな雰囲気

投稿日:

強い社会だけが、どうにか生き残れるとケネデイは国民に告げ、後輩レーガン主義者が、やはりテロ戦争を遂行するにあたって大いに活用したテーマを打ち出した。行動計画を求めて血眼になるような反応が生じた。二日後、NSCの会議の雰囲気は同じように感情的であり、会議の場がすっかり道徳的健全さを失った状態だったためにボウルズは圧倒された。キューバ問題を巡ってホワイトハウス内でヒステリックな雰囲気が醸し出される中、侵攻計画は承認されたと、後にロバート・マクナマラは上院チャーチ委員会外交委員会多国籍企業小委で証言した。

侵攻が失敗した後、初めて開かれた閣議の雰囲気は大荒れに近い状態だったと、チェスター・ボウルズは個人的に記している。そうしたムードはケネディの公式発表にも反映されていた。現状に満足した、気ままで柔軟な社会は歴史の残澤と共に押し流されようとしている。ケネデイはまた、組織的なテロ活動も強化するよう命じた。彼は弟のロバート・ケネデイ司法長官に各省庁のトップレベル間の指揮をとるよう求め、マングース作戦を監督させた。

大掛かりな経済制裁は

大掛かりな経済制裁は、スペインからの解放後、六年間アメリカの事実上の植民地となっていた小国にとって、ほとんど耐え難いものだった。ケネディはキューバ問題に関して、同盟国が職々は幾らか頭がおかしいと考えていることに気づいていた。

ケネディ政権下で作成された作戦関連資料で、最近、機密扱いを解かれたばかりのものを調査した結果だ。好ましくない箇所議底的に削除した資料で、水山の一角にすぎないと、ピエロ・グレイジェセスは付言する。カストロを失脚させる作戦である組織的なテロ活動は笑いごとではなかったと、ホルへ・ドミンゲスはある論評で書いた。これは準軍事的組織による作戦と経済戦争及び破壊活動からなる計画で、一九六一年末に着手され、フイデル・カストロにこの世の恐怖を与えるためのものだった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

ロシアの外交政策が民主主義の平和論にかなうのか

なぜ、冷戦は両超大国間の「熱戦」とならないまま、あれほど長く続いたのであろうか。なぜ、第三次世界大戦へと転化しなかったのであろうか?高度に成熟した社会が両大戦から教訓を学び、単に戦争をしなくなったと分 …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …

no image

東ティモール-新たな人道的介入の規範と共に啓蒙の時代を象徴

東ティモールは、新たな人道的介入の規範と共に、啓蒙の時代を象徴するきわめて重要な事例として祭り上げられた。だが、実際には介入は行われず、いわんや人道的介入は実施されなかった。一連の仮想事件を考案し、そ …

no image

国家の膨張がもたらした膨大な負債に軍部でさえ気づくようになった

1984年、ソ連のニコライ・オガルコフNikolaiOgarkov)参謀総長は、ソ連がより良好な民間経済基盤と、西側との貿易と技術へのさらなる接触を必要としていることに気づいていたが、景気が停滞する中 …