雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

キューバに対するアメリカの経済戦争は国際フォーラムで強く非難された

投稿日:

キューバに対するアメリカの経済戦争は、ほぼ全ての国際フォーラムで強く非難され、通常は迎合的な米州機構の司法委員会ですら経済戦争は違法だと宣言している。見せかけの援助はなされたが、印刷物の細かい文字に隠されていたのは、二万五〇〇〇ドルという感動的な寄付金以外の援助は、既に予定されていた援助から差し引いて行われたという事実だった。一九九二年九月にニカラグアの漁村が高波に襲われ、数百人もの死者と行方不明者が出た時も彼らは先例に従った。

微々たる援助をしても行政府が一億ドル以上の援助を棚上げにしている事実に変わりはない、と議会は保証された。アメリカに支援されたニカラグア政府が、中し分ない服従の姿勢を見せないからだった。欧州連合は世界貿易機関(WTO)に働きかけ、経済制裁を非難するよう求めた。ケネディが恐れたのは、ソ連の援助がキューバを開発のショーケースに仕立て、ソ連を中南米諸国の間でアメリカよりも優位に立たせることだった。

アメリカの国家安全保障を左右する権限もなければ

WTOにはアメリカの国家安全保障を左右する権限もなければ、アメリカの法律を変えさせることもできない。そして、米国政府は協議から手を引き、問題を未解決のままに放置した。ヨーロッパが抗議しているのは、ケネディ政権に遡る三〇年に及ぶアメリカのキューバ政策であり、それはひとえハバナの政府を交代させることを目的とした政策である。

キューバに対して国際テロと違法な経済制裁を仕掛ける理由は、内部の記録に克明に記されている。それらが同じようなパターンをとることを発見しても、さして驚くべきことではない。ソ連とキューバの関係が深刻化する以前から、強制的な体制転換計画は練られ実行されていたのであり、ソ連が舞台から姿を消した後、制裁はむしろ強化されている。時期一つとっても、ソ連の脅威に対する懸念が大きな要素でなかったのは明らかだ。確かに、ソ連の脅威は高まったが、それはアメリカのテロリズムと経済戦争の原因というよりは、その結果だったのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

既存の社会経済的な特権構造への脅威と見なされるもの破壊する目的

一九六〇年代初めの戦略の一つは、ネオナチズムに依拠する国家保安体制を敷く国を誕生させることで、そうした国は数の上での多数派が政治に参加するのを防ぐことにより、既存の社会経済的な特権構造への脅威と見なさ …

no image

カストロ暗殺計画はケネディが暗殺された当日に着手された

カストロの殺害計画は、ケネディが暗殺された当日に着手された。組織的活動は一九六五年に中止されたが、ニクソンが一九六九年に就任記て最初にとった動の一つは、キューバに対する秘密工作の増強をCIAに命じるこ …

no image

文明国の精神世界における支配的イデオロギーに自画自賛の声

全ての国家には、自国民を保護する責任がある。指導者にそれができない場合、もしくはそれを望まない場合、彼らは自国を軍事介入にさらすことになる。それは安全保障理事会に承認された介入かもしれないし、承認され …

no image

世界貿易センタービル爆破事件以降、危険が迫っているのが明らかに

一九九三年の世界貿易センタービル爆破事件以降は、危険が迫っているのが明らかになった。もっと入念に計画が練られていれ、この事件は何千人もの死者を出した可能性がある、と貿易センタービルの技術者は報告した。 …

no image

モスタルでの戦闘の間に

モスタルでの戦闘の間に、ボスニアのクロアチア軍司令官に、路上の人々は外見上区別がつかないのに、攻撃対象をどう識別しているのか、と尋ねたことがある。戦争の前には名前を知らねば識別できなかったが、今では制 …