雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

投稿日:2014年11月19日 更新日:

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開催者は知るべきであるという意見は多い。教授になれば次の名誉は、自分の専門分野の学会の会頭と呼ばれる、学会開催の責任者に握ることである。有名学会の会頭を一度はやりたいと思うのが主任教授である。実際にはそれほど研究実績がなくても教授になった人は多い。とくに新設医科大学創設期では、最初の講座は公募で教授を集めていないので、病院開設者の力で教授を作ることができた。

教授になっても研究の先頭に立ちばりばりと研究をしている教授もいる。しかし、そうでない教授もいるらしい。教授になった段階でほとんど研究から手を引いてしまうから、実際の研究をよく知っているのはむしろ部下のほうである。となれば、開設者の人脈で研究業績のない教授が、主任教授となってしまうことも起きたようだ。そういう主任教授が学会の会頭などに当たれば、医局員が懸命に演題の内容を考え、殿様である主任教授の名誉を守らねばならない。

学会運営には金がかかる。会場費、人件費、抄録集作りなどだ。しかし、そこには学会からの援助はほとんどなく、開催する側が資金を調達に行かねばならない。いままでは学会を開催する側のメリットが大きかったために、問題にならなかったようだ。

大学病院の教授が自ら寄付を募る

余った資金は、開催していた教授のふところに入るようだか、医局で研究費として使ってしまうことが多かったらしい。その原因は製薬会社からの多額の寄付があったからだ。

主任教授は部下が作ったスライドと原稿をただ棒読みすることになるから、場内から質問が出ても、その主任教授は答えられず、共同研究者が教授をかばうように発言するらしい。研究をろくにしていない教授が会頭に指名されれば、最大の被害者は部下たちだろう。そうまでして欲しいのが、学会の会頭という名誉なのかもしれない。

さすがに景気が悪くなり、いまや学会を開催する大学病院の教授が自ら寄付を募るために、製薬会社の幹部に挨拶に行く時代になった。それくらい学会運営は厳しくなってきている。製薬会社からのバックアップが減ってしまえば、かなりの学会運営が厳しくなるのは目に見えている。でも、それはそれでいいのではないだろうか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧められるようになっています。医者が最近よく勧めるようになったのがビタミン剤で、処方された薬が全部ビタミ …

no image

医者の口コミなどが分からない場合に自分で善し悪しを判断する目安

良い医者は、患者の命を第一に考えるので、すぐに専門病院や大きな病院に紹介する。金儲け第一主義の医者は、患者を他の病院に紹介すると、その分だけ収入が減るので、少し無理をしてでも自分でみようとする。患者の …

no image

もしインフルエンザにかかったら-特徴や治療法、発症後の対策は?

もしインフルエンザにかかってしまったら、すぐに医療機関を受診しましょう。インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖します。 インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖しますので、できるだけ …

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が初めてである。ある地方の病院からこの春、都内の総合病院に赴任してきたR内科医。以前いた病院は、個人病 …

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業というものは、批判もできなければ、そういうものだと叩き込まれていたのだろう。教授の授業より、臨床の現場に …