雑学

競走馬の名前の文字数が9文字以内という制限がある理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬で全員当たったら

競走馬の名前の文字数が9文字以内という制限がある理由

競走馬の名前の文字数が9文字以内という制限がある理由をご存知だろうか。中央競馬の競走馬の名前の文字数には2文字以上、9文字以内という字数制限がある。競走馬の名前の文字数は、何で9字なのだろうか?そういえば、よく見てみると競走馬の名前は、みんな9字以内になっているのに気づくはずだ。競走馬の名前の文字数が9字以内なのは何故なのでしょうか。

競馬の先進国であるイギリスやフランスには競馬に関するさまざまな規則を定めたパリ協約というものがあります。そのパリ協約で、競走馬の馬名はアルファベットで18文字以内と決められているのです。

競走馬の馬名はアルファベットで18文字以内

競走馬の馬名が片仮名で9字以内なら

日本もこれに従っていて、競走馬の馬名が片仮名で9字以内なら、単純にローマ字表記にするなら18字は超えませんから。片仮名の競走馬の馬名をアルファベット表記したときに、競走馬の名前の字数は、9字以内でなければなりません。

もっとも、他の説もある。かつてのレーシングプログラムは今のような冊子ではなく、ペラペラ紙のガリ版印刷のような簡素な物でした。馬名をその出馬表の枠内に収めるには、競走馬の名前の文字数は9字が限界だったという説もあります。

競走馬の名前の文字数は9字が限界だった

競走馬の名前の文字数は決まっていること

現在、JRAはレース当日の出馬表を掲載したレーシングプログラムを競馬開催日に無料配布している。

たとえば、マックスビューティ(ー)、ファビ(ュ)ラスラフイン、マチカネタンホイザ(ー)、シルヴァ(ー)コ(ッ)クピット、シャチョ(ウ)マンユウキなど、最大9字という制限があるため、泣く泣く中途半端な前を付けられた競走馬も多い。競走馬の名前の字数は、9字にそこまでこだわる必要はないと思うのだが、これはもともと決まっていることなので仕方がないようだ。

競走馬の名前の字数は

日本中央競馬会(JRA)によると

日本中央競馬会(JRA)によると、競走馬の名前の文字数が9文字なのは、はっきりした理由はわかりません。ただ、いくつかの説はありますとのことだが、なぜ、海外の競走馬の馬名がアルファベットで18文字以内なのかについては決まっているからとしか言いようがない(JRA広報室)という。

どうやら、競走馬の名前の文字数の、「9」という数字にそれほど大きな意味はないようだ。まあ、あまりに競走馬の名前が長いと、競馬の実況も言いにくいだろうから、競走馬の名前の文字数が9文字というのは、ちょうどいいのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加