雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

競合他社各社のコピーを確認してみる

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~競合各社のコピーを確認してみる~

自分の強みとは何かを再考してみよう。自社にとっても活用できる視点や表現があるかもしれない。他社はどのように自社商品やプロダクトを表現しユーザーの気持ちをとらえようとしているのだろうか。

米国ばかりでなく文化圏の違うヨーロッパや英国も参考にしてみれば、新しい発見の可能性が広がるでしょう。競合各社の様々な取り組みをいかに考察すべきか。ヒントは国内だけでなく海外にもあります。Google.comやgooge.co.uk、Yahoo.comなどから、自分のビジネスに関連するキーワードで検索してみましょう。英語に馴染みがなくても恐れる必要はありません。Internet ExpiorerやFirefoxでは該当のテキストにマウスを置くだけで翻訳してくれる機能がついています。

日本の市場や文化とは事情が異なっているので、そのまま参考にならないケースもありますが、逆に違う環境のなかで独自に発展したウェブサイトや工ミュニケーションの姿があるかもしれません。トップページの情報設計やカテゴリの作り方などであれば、簡単に確認できます。

どのようなコピーでユーザーに訴求しているのか

各社が何を訴求ポイントとして優先しているかを確認してみると、自社では気づかなかったポイントを見つけることができるかもしれません。リスティング広告は、AdWordsであろうとスポンサードサーチであろうと、表現できる文字数はかなり制限されています。その制限のなかで各社がどのようにユーザーに訴えているのかを検証していきます。各社がどのようなコピーでユーザーに訴求しているのかを確認してみましょう。

また、気になる競合各社のリスティング広告をクリックして、実際のランディングページを見てみましょう。競合各社のトップページやコンテンツを確認したときと同じように、ここでもユーザーに向けてどのようなメッセージを投げかけ、どのようにコミュニケーションをとろうとしているのかを確認してみます。

フラワーショップで考えれば、花の品揃えを謳っているのか、価格を強調しているのか、付帯サービスを取り上げているのか、各社それぞれにポイントが違います。また同じキーワードに対して、複数のコピーを用意して、ランダムに表示させるように設定しているケースもあります。何回かブラウザの更新ボタンを押して、複数のコピーが用意されていないかを確認してみるとよいでしょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

メールマガジン作成方法のコツやポイント

テキストによるメルマガ作成では文字だけの内容なので読者が読みにくく、飽きられやすくなってしまいます。文字が多いと読まない読者もおり、内容に変化がつけにくい面があります。HTMLでメルマガを作成すれば画 …

no image

アフィリエイトとはブログなどの広告掲載を通して業務提携すること

アフィリエイト広告を自分のWebサイトなどに掲載するユーザーをアフィリエイターといいますが、アフィリエイトの説明を読んでいると、仕入がなぜに広告なんだ?そう疑問に思う方もいると思います。しかし、この謎 …

no image

ネットショップ運営中に必要な機能を紹介

~ネットショップ運営中に必要な機能~ ・問い合わせ履歴 メールを活用する手もありますが、履歴をデータベース化していると、管理も手軽にできるので、あると便利です。 ショップの問い合わせページや、商品ペー …

no image

プロバイダのサーバーはネットショップに不向き

プロバイダの場合、インターネット接続料金にサーバーの設置料が含まれていることが多いので、料金的には一番安上がりといえます。しかしながら、独自ドメインが使えない、ショッピングカートシステムなどを利用する …

no image

商品を売る戦略をしっかりと立てる

カギを握るのは、商品価格です。いくらで商品を売るか、その判断は経営を大きく左右しま す。売り値を低く設定すればお客さまの人気は得られるでしょうが、その分たくさん売らねばなりません。いわゆる薄利多売、で …