雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

今日食べたものがオージャスになるのには時間がかかります

投稿日:

消化力がよい状態にととのうと、消化のプロセスにそって、四つのサインがあらわれます。一つ目は体の機能が向上する。食事がちゃんと体の組織やエネルギーに変換されていくので、全身のさまざまな機能が活性化されます。二つ目は食事の満足感。消化力が充分だと、食べたときにきちんとおいしい満足したと感じることができます。三つ目は食後に元気になる。消化力が弱っていると、食べたものがアーマになり、食後に疲労や眠気が生じますが、消化が健全におこなわれると、食後に元気になります。

そして最後に、食べたものがオージャスになり、顔色が輝くのです。顔色や目の輝き、肌のつやなども、オージャスの豊かさをあらわしています。くすんだ顔色をして、目の下にくまがあるなら、オージャス減少の注意信号ですから消化力アップの適切なケアをおこないましょう。魚や肉は、食べてからオージャスになるのに一~三週間かかります。よく明日は運動会だからと、ステーキやとんかつなどのスタミナ食をとることがありますが、前日に魚や肉を食べても、残念ながら活力アップにはつながりません。むしろ消化に負担をかけて逆効果になってしまう可能性もあります。

牛乳は素晴らしい食品だが

牛乳は素晴らしい食品で、適切な飲み方をするとわずか三〇分ほどでオージャスになります。ただし、空腹時に温めて牛乳だけ、もしくは甘味のものといっしょにとることが必要です。これ以外の飲み方をすると、アーマになり健康を害してしまうので注意が必要です。髪の毛や爪が弱々しくなったときには、そのもとである骨がきちんとつくられていないことがうかがわれます。

組織がきちんとつくられないのは消化力が充分ではないからです。わたしたちが食べものをとると、まず血しょうがつくられ、血球がつくられ、その後、筋肉、脂肪、骨と順を追って組織がつくられていきます。このプロセスで骨がっくられるとき、その余った材料やエネルギーを使って、髪の毛、体毛、爪がつくられます。そしてその影響が骨に出ているのは、ヴァータが悪化していることを示しています。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

国民が食べる量を増やす方法を探している食品メーカー

食品会社では、みなさんに一つでも多くの製品を買い続けてもらい、たくさん食べてもらうために次のようなことが行われている。食品会社はたいてい化学研究所を持っていて、研究の目的は、食べた人がやみつきになるよ …

no image

毒素排出には運動をするとよい

刺激を受けられなくて自分が出した毒性廃棄物を排池できないでいると、細胞は異常な行動を取り始める。退化したり、死んだり、変質して艦髪やガンなどになる。細胞が刺激される毒性老廃物は体内のあらゆる細胞から発 …

no image

過去に戻る方法-それはとても懐かしく、心が一気に深く癒される体験

瞑想をすると、過去に戻れることもあります。ここまで育ててくれた両親やすべての人々、すべての恩恵に対する感謝の念が自然にわいてきます。初めて過去の記憶倉庫の扉が開くと、懐かしさや驚きで、瞑想が終わっても …

no image

生命のない食物は生命の糧にならない

肉食か玄米食か、どちらが力持ちかという話で、明治時代にこういう有名なエピソードがあります。ある医師がいました。彼は体重が八〇キログラムを超える大男でしたが、ある日、街中で人力車を拾ったところ、ひょろひ …

no image

三食きっちり食べることで健康を維持しよう

三食キッチリ食べることで健康を維持し、メタボを防ごうという考え方があるようですが、どなたにとってもそれがいいとはいえません。人にはそれぞれ、もともとのアグニの強さに違いがありますし、そのときの体調によ …