雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

キャスターをつける方法

投稿日:

キャスターをつける方法について紹介していきます。

一般的なキャスターには、形から分けてタイヤ形と球形の2種類があり、最近はキャスターにも、色、形などのデザインや材質面で考えられた商品もあります。キャスターの使い勝手としては、一方向に動くものと回転するものがあり、キャスターにストッパーのついているものもあるので、キャスターを選ぶときは、どう動くと使いやすくなるか、用途を考えてから選ぶことが肝心です。

キャビネットなどにキャスターをつければ移動に便利です。キャスターには、必ず耐久重量の表示があるので、ちょっと大きめのチェストなどには、重さに合った大きめのキャスターをつけましょう。床が傷つきやすい材質のときは、キャスターの材質がプラスチックかゴムのものを選びます。

キャスター以外にも

引出しや扉の引き手は、使い勝手も大切ですが、家具の雰囲気を変えるアクセサリーにも相当する部分です。

最近はホームセンターでもいろいろな引き手が売られていて、引き手のおしゃれを楽しむこともできます。買うときは、寸法をきちんとはかり、サイズを間違えないようにしましょう。

引き手が緩んでしまったら、中のナットを締め直せば簡単に直りますが、締めてもすぐに綾んでしまうようなときは、全部取り替えてしまってはいかがでしょう。

テーブルのがたつきを直す

ー般的なダイニングテーブルは、脚を補強金具を使って止めてあるので、その部分を点検します。ねじ自体がきかなくなっている場合は、同じものと交換しましょう。

案外多いのが、ねじが緩んでいる場合です。ねじを締め直してもすぐに緩んでしまうなら、ねじ穴が大きくなっていることが考えられます。

ちょうつがいを取り替える

ちょうつがいのねじが緩むと、扉が下がってきたり、開閉がうまくいかなくなります。下地の木が腐ったりした場合は、ちょうつがいを取り替えなければなりません。

ちょうつがいにはいろいろなサイズがありますが、選ぶ目安としては、取りつける扉の厚さと同じ幅か、それよりも狭いものを選ぶようにします。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

物事に無関心なひとは片付けられない

物事に無関心なひとは片付けられない。 おおらかな人であれば、こだわりがないぶん、身の回りのモノも少ないかに思えます。それなら、整理・整頓もする必要がないはず。ところが、じつはそうではないようです。ここ …

no image

あふれた手紙や写真は指定席から取り出して

・気持ちが高まっているときが整頓どき あふれた手紙や写真は、指定席から取り出して、「永久保存版」と「処分版」に区別して、整頓します。ただし、この作業のポイントは、気持ちが高まっているときに行なうこと。 …

no image

ベルトのすっきり収納方法

まとめて収納しなければならない。ベルト一本一本はかさばらないから、収納に困ることはないだろう。しかし、これが4本、5本となると、一本ずつ収納していたのではいざ使うときに、目当てのものが見つからなくなる …

no image

はめ込まれた郵便箱を外して交換するには?

・新しいものと交換できますか。ブロック堀に鉄製の郵便箱がはめこんでありますが、すっかり腐食してしまい、使えません。 新しい郵便箱は、できればステンレス製、それも18:8ステンレスという材質のものであれ …

no image

部屋の色を効果的に変える

・部屋の色はこうする アパートやマンションなど、隣どうしで間取りも同じ、広さも同じはずなのに、なんとなく広く見える家と狭く見える家とがある。これは色の使い方に大きな差があるということ。カーテンが黄色で …