雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

キャンプが楽しくないと感じる年齢-子育ての難しさと親の葛藤

投稿日:

いつものようにキャンプをしていた夜、娘は遠い目をして心ここにあらず、父との会話や読書にも食指を動かさない。何かが今までと違うことに気がついた。父親に連れられてハイキング、パックバッキング、それを7年間もやってきたのに、なんだかちょっとおかしい。どうしたのかと聞くと、ママや妹が恋しいと。父は気づいた。娘のアウトドアに対する情熱は薄れてきている。学校の友達は誰も山などやらないし、興味すらないようだ。

家にいればケンカばっかりしてるくせに。前には一度もそんなこと言わなかったじゃないか。ママ達が一緒じゃないなら、今度からキャンプはしたくない娘はそう言って目をつぐんでしまった。そんな周囲に娘も影響される。父親よりも友達のほうが、娘の生活の場を占めてきている。同じように娘に見捨てられた父親を見つけて、じゃあご一緒にと誘うか、また1人の山歩きに戻るかしかない。娘にはせいぜい日帰りのハイキングにお供願えるくらいだろう。これは、ある家族の例だが、こういうことは、実は珍しくない。

行けるうちに必要なことを教えておこう

行けるうちに必要なことを教えておこう。そして子どもがさいうちに、子ども自身のため、家族の絆のため、手を貸せことを喜びたい。子どもが前みたいに喜なくなっても、関心が完全消滅したわけではない。友達の幅が広がる10代後半になって、また始めるかもしれない。また、小さい子どもの場合、子ども達が妙に反抗的とか、いつもに似ずイガイガしているときは、疲れが出てるなと思うことにしている。

気晴しの娯楽も万能ではないから、後は睡眠をたっぶりとるしかない。十分な休息のためにも、何か手を講じよう。強引に新しい環境に馴染ませるのは、やたら難しい。子どもに適応力があればそれに越したことはないが、習慣というのは手強い。ハイキング中、たいてい子ども達は背中のキャリアで安眠しているが、風が強いと眠れない。難しいことはたくさんあるが、経験を積んで楽しめるようになっていこう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

花も恥じらう乙女たちの無知が原因で起こった低体温症

以前、ティーンの女の子グループを引率してバックパッキングしたことがあった、とある人。彼女達は皆、山ではしないと、悲槍な決意で臨んでいる。ある夜私は懐中電灯をつかみ、全員についてくるよう命じた。何日も我 …

no image

アウトドアでの子どもの病気は親にとって心配のタネ

アウトドアでの子どもの病気は、親にとって心配のタネ。新鮮な空気の中で元気に跳ね回り、十分な睡眠をとっていれば、そうそう体を壊すこともないが、発熱したり、風邪をこじらせて、それでものんびり構えていられる …

no image

昔は山は鍛えることなく根性で登っていたが今は違う

かつて山登りほどトレーニングしないスポーツは珍しいと言われたものです。根性で登る、という時代性もあったかと思います。しかし最近は運動生理学の考えもだいぶ取り入れておりますし、そのことによりいろんなこと …

no image

登山における低山とはどんな山のことか?

・低山とは、どんな山のことか 地球上ではその土地によって、気温、湿度、雨量、地質など、さまざまな環境要因に違いがある。とくに気候によって区別される地域は、おおむね生物の分布帯に一致している。日帰り登山 …

no image

登攀技術の習得は読書や一度や二度の講習会で習得は難しい

余裕のある山行では快適さを優先してもそれは個人の自由ですので構わないと思います。個々のノウハウを書く余裕がありませんが、いくつかの原則があります。ひとつは素早くできるようにするということです。たとえば …