雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

キャンプの騒音などの問題

投稿日:

管理人のいる規律正しいキャンプ場でさえ、隣人との交渉が必要になることがある。ある家族がキャンプ場を、利用したときのこと。ほかのサイクリスト数人が先に来ていた。グループの別の人に、遅くまで起きているのか聞いてみた。とても感じのよい人で、大丈夫ですよと言う。1人は川辺でビールを飲んでいる。薪が山と積まれていたので、深夜族かもという危惧が頭をもたげる。

それで、あなたがたの就寝時間は?と彼。暗くなったらすぐですと私。そろそろ寝ようかというころ、この青年が葬新を抱えて、川のほうへと下りていくのが見えた。私達の邪魔にならないようにという配慮だろう。爆竹をやるんだが、お宅のお子さん達も喜ぶんじゃないでしょうか?と聞くので、1歳半の息子はおそらく震え上がるだろうと返事した。彼は、仲間にも騒がないよう言っときますよ、と約束してくれてはいた。

ビールで酔った仲間は

ビールで酔った仲間は、大声で罵言雑言を繰り返しながら、ビール瓶をゴミ箱に放り投げて大音響を楽しんでいる。真夜中を過ぎても、パーテイーはお開きになりそうもない。クルマの入れない、つまりアクセスのよくないキャンプ場でも、こんなことは起こる。翌朝、出発の用意をしていると、あの礼儀正しい青年が起きてきたので、昨夜の心遣いにお礼を言って別れた。こういう状況に立ち向かっていく精神力や力量が自分にあるか、考えてみよう。それも場所選びの基準になる。

また逆に、ほかの人の邪魔にならないよう、子どもを監督するのも大切だ。キャンプ場では、守るべきマナーがあることを子どもにも理解させよう。騒々しいおもちゃは持ち込まない。たとえばプラスチックのタイヤがついた三輪車は、アスファルトの上を走るとゴロゴロうるさい。子どもにとってキャンプ場はワクワクの宝庫。走り回っても笑いころげても許されると思っている。でもそれは、街なかの公園での話だ。子ども達には、叫び声をあげないよう注意する。マナーの悪い子は、本人もその親も、周囲からどんなふうに見られているか考えてみよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …

no image

障害のある子どもとのアウトドアでの接し方

ある主婦の話。ハンディのある子どもとアウトドアに出かける家族。彼らとのインタビューは私にとって目ウロコ体験だった。キャンプひとつをとっても、目的地を決める前に知っておくべきことがある。車椅子でも大丈夫 …

no image

倍率の高い双眼鏡を持参してバードウォッチングに出かけよう

全身がグレーで胸に自い斑点が広がるヒヨドリ。このヒヨドリは、スズメと一緒に残飯などを突ついているが、日本で唯一の熱帯鳥で、本来は貴重な鳥なのだ。郊外の緑地公園や池、川の周辺には、尾をいつも上下運動させ …

no image

キャンプではキャリアが役に立つ

キャンプでは、キャリアが役に立つ。メーカーも薦めているように、キャリア内の安全ストラップをきちんと締める習慣をつけよう。背負っている人が転んでも、これで子どもは大丈夫なはず。もっとも、子どもを背負って …

no image

キノコの面白さは、形、色にある

秋のキノコ採り。人々が押しかけて、林内の景観はボロボロになる。林床は踏み荒らされ、ここかしこにキノコが捨てられている。食べられそうにないと思うと、採ったにもかかわらずそこに捨てる。 都会の人たちが大挙 …