雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

キャンプサイトはきれいな砂浜

投稿日:

キャンプサイトは、きれいな砂浜。砂浜なら、テント設営中にマイクの遊び場もあって都合がいいだろう。カヌーに乗っている間は、食べたいだけ食べていい、それがある家のやりかただそうだ。ある家では、息子がパドルを握れて、言葉がしゃべれるようになるとすぐ、ストロークを教え始めた。3歳になるまでに彼は、ドローとプライ、スウイープをマスター。そのうえ、ストロークを自分で命名した。

こうやって楽しみながら、カヌーの基本を身につけていくのだ。ブレイスはモーターボート、パドルを回すとトルネードというふうに。子ども達は操艇技術を覚えて腕を磨き、大きくなったときには瀬にトライする準備ができている。この一家がゲレンデにしているのは、流れはあるけど広くも深くもない川がほとんど。子どもはパドリングに参加したがるし、その能力もある。動力としても貢献できるはずだ。

バケツやスコップも持っていくと

バケツやスコップも持っていくと、休憩中に砂遊びができる。何かおもしろそうなモノを発見すると、通りすぎずにカヌーを寄せる。気持ちよさそうな浜があれば、迷わず上陸して体を伸ばそう。次の休憩予定時間までに、こんなナイスな場所があるという保証はないのだ。そんなふうにしていると、1日は刺激に満ちてあっという間だ。子ども達は皆、4歳になるまでにはすっかり技術が身について、自分で餌をつけた本物のロッドを使うようになるそうだ。

充電された子ども達は、休憩やポーテージで岸に上がったとたん、脱鬼のごとく走り出し、エネルギー消費に余念がない。カヌーにはおもちやの釣り道具が積んであり、いつでも釣りごっこが楽しめた。グループ・ツーリング中に遊べる、カナディアンカヌー・ゲームで、ルースターというのがあり、家のお気に入りとして定着している。自艇のバウを誰かのスターンにくっつけて、コケコッコーッと鳴くと、タッチされたカヌーが鬼になる。そしてまた別のカヌーを鬼にすべく探しまわる、というものだった。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供が山で低体温症の症状になってしまわないために

山では、子供が低体温症の状態になってしまうこともある。初期症状はひどい悪寒、めまい、言語不明瞭、シャツのボタンをかけるなど機械的な動作ができなくなるなど。場所や時刻に関係なく、その場ですぐテントを張る …

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …

no image

アウトドアの危険な経験

ナイフェッジを渡りかけていた少年達を、見知らぬカップルが強引に止めさせ、引き返すよう説得しているところだった。トレイルの途中には分岐があり、一本はナイフェッジにつながっている。これは間違った方向だ。両 …

no image

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レ …

no image

登山初心者は日記をたくさん書くようにしよう

さあ、登山に出よう。玄関から一歩外に出れば、そこがまさにアウトドアの始まりです。いつもとはちがう、ゆったりとした時の流れに身を置こう。週が明けたら、あなたの、そして子供たちの目は、絶対に澄んでいる。ワ …