雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

キャンプで子供の泣き声などで周りに迷惑がかかりそうなら

投稿日:

キャンプに子供を連れて行く場合、小さな子だけに目を光らせていればいいというものでもない。遠慮ができそうもない家族は、人の少ないところを選びたい。テントの屋根が、顔のすぐ近くまで覆い被さるようだし、常夜灯がなくて真っ暗なのも気にくわない。授乳時に使うキャンドルにすっかり魅せられて、全然寝つかなくなることもある。大きな子達は自分でうろうろできるため、親の知らないところこともある。

私にとって一番大変だったのも、夜中に泣く娘をあやすこと、とある家族。空腹なのか寒いのか、それとも単に甘えているだけなのか、私にはわからない。身も心もくたくただ。生後4カ月の娘を、多ければ一晩に7回は抱き上げて、ウトウトするまで私もつきあった。外へ散歩に連れていこうか、と息子。でもそれがクセになると、悪天候のときはどうするの?私は座って体を揺らし、娘が落ち着いてくれるのを待った。

人の多いオートキャンプ場に泊まるときは

人の多いオートキャンプ場に泊まるときは、娘の泣き声でひんしゅくを買わないよう、ハラハラし通しだった。背中が痛くてたまらない。後で、パッドのついた折り畳み式キャンプチェアが手に入り、おかげで座ってあやすのも夢のようにラクチンになる。うちでは夕方、キャンプのまわりを軽く散歩することにしている。熱い飲み物を持っていくこともある。

1日中キャリアに揺られていた子達には、体のストレッチと自然探訪のよい機会だ。夜も早くから疲れたとぐずっている子でも、いざ寝かしつけようとすると1時間かかったりする。太陽が沈みきらないと眠れない、でもカーテンを引いて部屋を暗くするなんて手は使えない。子ども達を寝かしつける前に、私は彼らを両脇に従えて各々の体に腕をまわし、歌を唄う。こうしてリラックスしておけば子ども達の寝つきがよくなる、というのが真の目的ではある。我が家のキャンピングで一番充実した時間だ、とある家族はいう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

初夏の山での花や森林の素晴らしさや魅力

初夏の山(六月)。梅雨の晴れ間は素晴らしい登山日和六月が春か夏かは難しい問題です。九州では夏ですが、北海道では春です。梅雨のない北海道の山に行く人も多いのですが、この時期の北海道の山はまだ春です。日本 …

no image

子供用シュラフは汚れやすいので洗濯できるものを選ぶ

家族で行くバックカントリー、節約できる部分もいろいろあるけれど、絶対安物買いが許されないのがシュラフ。小さな子達は固い地面でもけっこう平気で、知らないが故にまあこんなもんだろうと納得してくれる。ところ …

no image

自転車トレーニングの効果で旅行を充実させる

自転車旅行の際、自転車に合わせた快適な衣類は必需品だ。とはいえ、いきなり高価な装備は必要ない。普段から自転車好きの家族でも、旅行前のトレーニングで鍛えてからトライしよう。家族の力量、道路やトレイルの状 …

no image

山は登る力だけでなく総合的な力が必要となります

とにかく生還するために読んでもらいたい本があります。それは青梅警察署山岳救助隊の隊長の書かれた奥多摩登山考という本です。この本にはこれでもかというくらいに中高年の遭難の実例が出てきます。登山者数が多い …

no image

自転車牽引トレーラーでのツーリングは大変

自転車トレーラーでのツーリングは大変だ。歩道橋を渡るのも大仕事である。階段の昇降をしないと、向こうへ行けない。自転車やトレーラーを担いで上がるのは、小さい子供ひとりでは無理。だからといって、赤ちゃんや …