雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

キャンプではキャリアが役に立つ

投稿日:

キャンプでは、キャリアが役に立つ。メーカーも薦めているように、キャリア内の安全ストラップをきちんと締める習慣をつけよう。背負っている人が転んでも、これで子どもは大丈夫なはず。もっとも、子どもを背負っているときは緊張しているから、こういうことはあまりない。幼児には、あぶみをつけて、脚がブラブラ邪魔にならないようにしてあげよう。小さいうちは体もしっかりしていないし、お昼寝のときに足をかければいいサポートになる。

体を動かす自由も少しはないと、2カ月もやっていけない。逆を向いたり脚を入れる穴を間違えたり、おとぼけもあったが、ときどき立ち上がって両腕を伸ばし、私達の頭を抱きしめてくれたりもした。1歳半の下の子を連れて行くまでは、私達も必ず安全ストラップを締めていた。ただ、座りずめだとお尻が痛くなるので、ときどきフレームに立って体重をかけられるように、ストラップを外してみた、とある母親。

娘が気ままに遊べるようにした

キャリアには、ガラガラやゴムのおもちゃを紐で結びつけ、娘が気ままに遊べるようにした。しかし背中で子どもが何をやっているのかは、常に気をつけておきたい。キャリアのひさしは、太陽が真上にあるときは役に立つが、脇からの斜陽攻撃には別の日除け手段が必要だ。バンダナを吊ってカーテン代わりにするといい。今使っているキャリアは、娘が6カ月のとき買い換えたもの。上等のザックのようにサスペンションがしっかりしていて、ストラップなども調節自在だ。

問題は、下の子が子ザルのように落ち着きがないこと。あるときなど、息子が庭で植木の刈込みをしていたとき、背中の娘が手を伸ばして葉をつかみ、ムシャムシャ食べてしまった。喉に詰まらせてゲホゲホやるまで、私達は気がつかなかったのだ。このキャリアなくして、今日の私達は語れない、とある母親は語る。丈夫で大きく、質のよいキャリアを購入しよう。長く使えるし、なんといっても使い心地が違う。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

最近の登山者の歩き方は変だとかヘタだといわれている

最近の登山者は歩き方が下手になったと言います。その原因は何かと言いますと、交通手段が発達し歩く機会が減ったこと、林道が立派に整備されすぎて平地とあまり変わらなくなったことなどに関係があるようです。まず …

no image

山で写真を撮るレンズはいろいろ

山で写真を撮るレンズはいろいろ。山での写真は、ふつう人物のスナップか、滝とか樹木とかの全景を取り入れた風景だろう。そして持参しているカメラは、コンパクト・デジタルカメラのことが多い。フラッシュは内蔵型 …

no image

山での落雷対策や嵐の際の注意点

事故のリスクを最小限に抑えるため、知っておきたいことをあげたい。毎年落雷による死傷事故が起こっている。アウトドア人間には無視できない事実である。雷が鳴っているのに、そのまま子供との遊びを続けるのは危険 …

no image

白根山は日帰り登山におすすめ

低山は一般的な目安として、およそ一~二時間も歩けば山頂に達するのがふつうだろう。単純に標高だけでなく、山頂までの距離、つまりアプローチの長さにもよるが、中高年の体力でもまったく間題なく山頂に立つことが …

no image

一人登山があまりおすすめできない理由

一人で登ることを単独行と言いますが、このように単独行には素晴らしさと危険が同時に存在しています。しかし、この危険を独力で克服した時の快感は素晴らしく、より困難を求めて単独行をする登山家もたくさんいます …