雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

キャンピングカートレーラーはレジャーにかなりおすすめ

投稿日:2014年10月29日 更新日:

トレーラーの中には、居住室が独立した大型のキャンピングカーも存在するし、アウトドアの遊びの幅が一気に広がることは請け合いである。しかし街中であまり見かけることがないのは、ハンドルの切り返し操作などがかなりむずかしい、ということがあるだろう。

だが、牽引免許が必要な車両重量750キログラム以上のトレーラーは、レジャー用ではまず存在しないから、ぜひ積極的に活用していくべきだ。トレーラーも積極的に利用するボートやジェットスキーを運んだりするのに、便利なのがトレーラーなのだ。

ツーリングワゴンにパワーはいらない

ツーリングワゴンはおもな使用目的を考えて選ぼう。ツーリングワゴンは車体が重めなので、ただでさえ燃費はいまひとつ。なのにハイパワーとなれば、ガソリンの使用量は驚くほどだ。これで、おもな行き先はスーパーだけという状態なら、いくら安いスーパーへいこうが、結局高くついてしまう。

車好きにはうれしいばかりといいたいところだが、ツーリングワゴンにこれほどまでの性能がはたして必要だろうか。ツーリングワゴンが若い人やファミリーを中心に人気を集めているが、こうしたツーリングワゴンの中には、ターボを搭載し、国産車自主規制いっぱいの280馬力なんていう大出力を誇る車もあって、まるでレーシングカーばりで、パワーだけなのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

大型キャンピングカーは普通免許でいいの?

日本に導入されているキャンピングカーのほとんどは、じつは普通免許で運転できる。最大積載量5トン以上のトラックか、11人以上乗員できるマイクロバスと決まっており、これを超えるサイズのキャンピングカーが、正規のルートで輸入されることはまずないのだ。大型免許が必要な規定は、車両重量8トン以上。

最近、若い人を中心に人気があるのがキャンピングカー。モータホームなどとも呼ばれるが、あまりの巨大さに、大型免許が必要なのではと、敬遠する人もいるかと思うがそうではないのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車庫証明の必要書類や自分で取得する方法

自分でやれば、そのぶん浮くのだ。警察署に申請書を出すだけ。車庫証明は、店に頼むと手数料込みでー万円以上かかる。でも、手続きはカンタン。車庫証明を申請する書類には駐車場の位置と、クルマの名称・型式・車台 …

no image

パワートレインを搭載した2012 K5を発売

起亜自動車が新規パワートレインを搭載した「2012 K5」を発売した。初お目見えした「2.0ターボGDi」ガソリンモデルに続き、最先端の横に2.0 LPiエンジン(既存のシータ2.0 LPiエンジン) …

no image

サスペンションの機構学的構造、方向コンプライアンス

FR車では駆動力によって後輪がスピン(すると横方向のを示します。自動車の操縦性・安定性は自動車の重心位置とタイヤの特性、それに駆動方式によって、まずその基本が決まりますが、前輪をすべりやすくしたり大回 …

no image

ホンダオデッセイの評判-外観はルーフの低いワゴン風

1994年に登場した初代オデッセイは、3列シートのミニバンでありながら外観はルーフの低いワゴン風。3代目の現行型は、その特徴をさらに強く引き出したモデル。1800mmの全幅に1550mの全高という縦横 …

no image

車のブレーキシステムの改善

ABSがブレーキが、高速バスや大型トレーラーのトラクターでは保安基準で装着が義務づけられ、乗用車でも標準装備される車が多くなりました。これが効果を発揮するのは第二段階の摩擦部に対してで、とくにタイヤと …