雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

キャンベルハムスターのペットとしての魅力

投稿日:

・キャンベルハムスターの生活

ここでは、アメリカの哺乳類関係の専門冊誌に発表されたキャンベルの生活を主に紹介します。ペットとしての歴史が古く、研究もそれなりに進んでいるゴールデンやクロハラと違い、ドワーフの場合はその生態や野生生活の実態はまだ十分に解明されているとはいえません。彼らの生息密度はわりと低く、メスのほうが多いそう。キャンべルは、自分で掘った穴よりも、スナネズミの巣を利用している場合が多かったそうです。

ハムたちの天敵はワシミミズク、ステップイーグル、小型のハヤブサ、コサックギツネなど行動範囲夜になって巣穴を出たキャンベは、一斉に活動を始めます。ロボロフスキーとキャンベルの生息地は重なる部分もありますが、彼らが野生で直接接触することはほとんどないようです。キャンベルが暮らすのは、茂みがたくさんある大草原地帯や半砂漠地帯、砂丘、岩山など。ドワハムたちは、より多くのエサを入手するために、広い範囲をテリトリーにしているのでしょう。

昼間は巣穴では数10キロも走り回ることがある

夜行性の彼らは、昼間は巣穴では数10キロも走り回ることがあるそうです。野生で捕獲されたキャンベルからは、10~50種類ほどの植物がエサとしで特定されたそう。野生のハムたちは、生き抜くためにさまざまな植物や種子、昆虫などをエサにしているようです。エサは、ゴールデンとあまり変わりはないようです。なかには、頼袋に100個の種やカブトムシのフンやを入れていたオスのハムスターもいました。

・チャイニーズハムスター

チャイニーズハムスターがペットショップに出回るようになったのは、1981年のこと。ジャンガリアンが日本デビューする前は、多頭飼いができるハムスターはチャイニーズだけでした。仕草や顔立ちの愛らしさに注目が集まったほか、実験動物として人間に長く飼われている間に性格がおとなしくなり、多頭飼いも可能になった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に遊びで吠えさせることなどをする

ノーベル賞受賞者で、動物心理学の権威であるコンラート・ローレンッは、動物は遊びを通して生物ではないものと社会的対象、その両方への対処の仕方を学ぶと語っている。彼は、遊びは犬に新たな独創的行動を必要とす …

no image

犬の実際の学習行程を調べるテスト

・実際の学習行程を調べるテスト 犬はこの言葉を聞いたこともなければ、指令が要求する行動内容も知らないだろう。犬の学習能力を調べるには、実際に何かを学習させてみるのがいちばんだろう。そのために、ほとんど …

no image

犬は人間の言葉がわかるのか

心理学者、犬の訓練士、犬の訓練競技会の参加者として、次のような基本的問題について多くの質問や意見を耳にした、というある人。 ・犬には人間の言葉が理解できるのだろうか。 ・犬の種類によって、知能程度と呼 …

no image

通販サイトのペット事業への参入

通販サイトのペット事業への参入。 熱帯魚の飼育、販売には、金魚や錦鯉のそれと同様、高度な専門知識と経験が必要だった。当時の世相を記録した文献のなかに、サラリーマンの生活目標としてマイホーム、マイカー、 …

no image

ペットショップサービスの多角的な事業展開

ペット用品販売、サービスなど多角的な事業展開を図っているのがペットショップの特徴です。では、犬、猫中心のペットショップは、具体的にどのように事業の多角化を図っているのでしょうか。ペットショップの五九・ …